仕事道具 Part2

    で、山ほどあったハードを整理したので、実際に今仕事で使っている道具はというと。

    現在制作中の曲だと。

    cubase2.jpg 
    キューベースという作曲用のソフトを使っていて、いわゆるこれがテープレコーダー代わり。
    歌などの音を録音するところと、ピアノなどの楽器を弾いてMIDIというデータで録音する場所が一緒くたになってこの画面に表示されています。
    大体100トラックくらい。

    で次から次へとキーボードを弾いてデータを録音してみたり、生のギターを弾いてマイクで録音してみたり。

    cubase.jpg 
    でこれが、昔スタジオによくあったミキシングコンソールの代わりになる画面。
    というパソコン上の仕事場に移行してしまっています。

    そして山ほどあった楽器や機材はどんどん
    バーチャルなものに
    pro52.jpg 
    毎月10万18回ローンで買ったProohet5はこんな薄っぺらな姿に。

    martin2.jpg 
    マーチンギターもこんなお姿に

    bass.jpg 
    フェンダージャズベース

    drums.jpg 
    ドラムセット。

    これはそれぞれのパーツの音色を自由に変えられ、かつ世界中のとても上手い人たちが演奏したデータが山ほど売られているので、ドラマーをお願いしてスタジオで録音することがほとんどなくなってしまいました。

    cinest.jpg 
    そしてストリングスのチームでの録音も
    最近よく使うのはCINESAMPLE社のCINESTRINGSで。

    これはハリウッドのSONYピクチャーのスコアリングステージで、そこでよく演奏するメンバーでサンプリングしているので、本当にハリウッド映画のような音がします。
    ストリングスのワンパートが500ドル。セットで3100ドル

    ただちょっとバグっぽいので使うのにちょっとコツが必要で、日本語のWEBではおそらく未発売ですがここで売っています。バグのあるソフトに数十万払うのはちょっと勇気が必要で、
    結局使えないこともありますので自己責任でお願いします。
    (最終的にバグがチャンと取れず、倒産してしまうメーカーもいままでにありましたので)
    SpitfireAudioのソフトも全部買いましたが、最初のころバグだらけの時は日本の販売店が苦情が来るのだと思いますが扱っていなかったです。これは日本でも売るようになるかな?
    がとてもいい音です。

    cw.jpg 

    でもってストリングスなどの響きを変えたかったら、オーシャンウェイスタジオのシュミレーションのソフトも。
    これは有名なアメリカの巨大なオーシャンウェイスタジオで演奏した時の響きを全く同じようにシュミレートしてくれるソフト。ストリングスのドライな音を再生させてスタジオの響きを
    6本立てるオフマイクの距離を調整して響きを変えます。

    studer.jpg 
    そしてよくスタジオにあったスチューダーというプロ用のアナログテープレコーダーを通した時と同じ音にしてくれるソフト。

    syn.jpg 
    あと、昔一日レンタル代10万円でリースしていたシンクラビアという1億円くらいした楽器もこんな姿に。

    moog.jpg 
    昔キースエマーソンが刀で切りつけた、タンスと呼ばれたムーグシンセサイザーもこの通り。
    これ面白いのが、パッチ用のケーブルもそのままマウスでつかんでピット引き抜き新しいジャックに差し込んで、エディットできます。その時接続ケーブルがユラユラと揺れるのも再現。
    プリセットをやたらめったら選ぶより、原理を知れば、ずっと早く目的の音をつくれます。
    それも自分だけのオロジナルの。
    シンセの音作りの原理を知るには、これが一番の原点。

    guitar.jpg 
    細かいとこだとギターエフェクターも
    lexion.jpg 
    必ずスタジオにあったリバーブも

    tapeecho.jpg
    昔懐かしいテープエコーも
    sonic.jpg 
    変わったところでは英国のソフトメーカーで地球上の様々なところで風や水や氷の立てる自然音を録音したものや、同じメーカーで、いろんなドラムマシンをアンプ通したり、ミキサー通して録音したサンプルも

    何もかもこんな薄っぺらなものに置き換わってしまいました。
    今楽器の数数えたら約200以上。エフェクターも200以上ありました。
    楽器は安くて2万くらいから平均15万高くて80万くらいするので、この10年余りでまあよく買ったものです。

    ただ日本人て、本当に形あるものを作るのは得意だけど、ソフトは苦手というか、ローランドやKORGヤマハのように優秀なハードを作る楽器メーカーはいっぱいあるのですが
    バーチャルなソフトをリリースするメーカーは一社もアリマセン。
    (初音ミクだけは例外ですが、、、、)


    だけどもっとすごい変化が仕事の仕方。

    40代の頃までは自分のスタジオスペースを会社で持って、そこに機材を置いて巨大なアナログミキサーを置いてのような、装置を持つことを喜びにしていたのですが。

    今は、ネットで繋がってダビングレコーディングを世界各地でお願いするように。

    いつもお世話になっているストリングスの人も、譜面を送れば自宅のスタジオでバイオリン、ヴィオラ、チェロの編成で録音してくれるし、

    アメリカナッシュビルのスタジオもスカイプでディレクションしながら、アメリカンなドラムレコーディングを結構安い値段でやってくれるし。

    歌も、最近よくお願いしている人は実はネット上で知り合って、まだ一度もお会いしたことのないまま何曲も歌っていただいているし。

    もはや装置に全く縛られなくなって、本当に小さな片手で持てるくらいの装置さえあれば、作曲からレコーディング、完成までできてしまうようになったのです。
    まあ形がなく、僕のライセンス、パスコードがソフトリリースメーカーの方にあって、そこにアクセスする仕組みなのでハードと違って盗難や破損などの心配はないのですが、あまり所有している感じはしません。
    4テラバイトのポータブルハードディスク一個に全てが入ってますからねえ。親指と人差し指でつまめる重さ。

    がおそらくこの方向でもっともっと進化するんだろうなあ、

    2017-08-25 : 音楽 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop
    コメントの投稿
    非公開コメント

    Pagetop
    « next  ホーム  prev »

    ブロとも一覧

    カレンダー

    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR
    ヤプーズ計画 LIVE&CLIP+2 [DVD]ヤプーズ計画 LIVE&CLIP+2 [DVD]
    (2002/12/04)
    ヤプーズ

    商品詳細を見る
    ヤプーズ計画(紙ジャケット仕様)ヤプーズ計画(紙ジャケット仕様)
    (2012/10/24)
    ヤプーズ

    商品詳細を見る
    蛹化(むし)の女~蜷川実花セレクション蛹化(むし)の女~蜷川実花セレクション
    (2012/07/25)
    戸川純、ヤプーズ他

    商品詳細を見る
    極東慰安唱歌(紙ジャケット仕様)極東慰安唱歌(紙ジャケット仕様)
    (2011/05/11)
    戸川純ユニット

    商品詳細を見る
    TOUR-LIVE ’85~’86 [DVD]TOUR-LIVE ’85~’86 [DVD]
    (2006/02/22)
    戸川純とヤプーズ

    商品詳細を見る