FC2ブログ

    Eテレアニメ ベイビーステップ サウンドトラックレコーディング

    先週5月13日に彩の国さいたま芸術劇場音楽ホールでレコーディングを行った、
    Eテレアニメ ベイビーステップのサウンドトラックのミックスが今日完成した。
    昨年秋から行っている仕事で合計70曲作曲した。

    stage_sg2.jpg


    saigei2.jpg
    セッティング中の様子。エンジニアはNHKスペシャル「地球大紀行」の頃からお願いしている、小池光男さん。


    score.jpg
    ベイビーステップのレコーディングのために作ったスコアー。

    レコーディングしたさいたま芸術劇場音楽ホールは大変響きがよく、スケジュールの都合つくときはこちらでレコーディングすることが多い。

    日本のレコーディングスタジオはデッド(残響音があまりない)なスタジオがほとんどで、ドラムやエレキギターなど別々のブースに入れて録音するのには適しているが、オーケストラの楽器を録音するのに適した場所はあまりない。

    知る限り10年ほど前、渋谷のNHKの西玄関の近くに、知り合いがマネージャーを務めるスタジオができ、そこはアビーロードスタジオを設計した人が設計したサウンドトラック専用の、いわゆるスコアリングステージと呼ばれるスタジオで、とてもいい響きをしていたのでよく利用した。
    しかし、そこが廃業してからは、日本にはサウンドトラックを録音するためにオーケストラレコーディングに適した、残響時間が2秒ほどある、響くスタジオ、スコアリングステージが、なくなってしまった。
    (もし東京近郊のどこかにあったら教えて下さい!そこで録音します。)

    仕方ないので自分で機材を少しずつそろえて、ホールに持ち込み、レコーディングを行うようになった。

    ステージ上にはノイマンのKM184をヴァイオリン、ヴィオラ用に、ノイマンのU87Aiをチェロ用に。
    ステージセンターの三点釣りマイクにはクラシック録音の定番、DPAの4006TLを。
    そして客席にホールの残響音の収録用にAKGC414BULSをセットしている。

    sai1.jpg
    DPAの3点釣りマイク。DPAは測定器用マイクでフラットな音響特性のマイク。これを指揮者の立つ位置、上空2メートルほどの場所につり上げ、オケ全体の音をステレオで録音する。

    このホールはシューボックス型といって長方形で客席数が約600席。満席時の残響が2秒。レコーディングで使用する客席に人がいない状態だともう少し残響が長くなる。

    grace1.jpg
    客席から向かって左のステージサイドのロビーにセットアップした録音機材。
    上からリンカーンセンターなどに常設されている、クラシック録音の定番マイクアンプ、グレースデザインm801が2セット。16チャンネル分。プロツールスHD/IO(これはマイクからのアナログオーディオの信号をデジタルに変換する役割)。そしてモニタースピーカー用プリアンプ、グレースデザインM904b。

    booth.jpg
    MacBookにインストールされているのが、録音用ソフト、Pro Tolls 11。ステージ上の様子を見るビデオモニターやレコーディングした音を聞くためのスピーカー。ステージのミュージシャンとやり取りするためのトークバックシステムなど。

    以前はこのようなシステムは中継車を用意しなければできない、大掛かりなものだったが、今ではノートパソコンで大変いい音質の機材に入れ替わったのでこのようにホールで録音できるようになった。
    なんとこのノートパソコンで256トラックまで録音ができる!(今回48kHz32Bitで録音したが60チャンネルほどのセッションファイルで、ミックス時のCPUメーターは20パーセント。内蔵SSDのハードディスクメーターは5パーセント)

    そしてステージとこちらのブースをマルチケーブルで結びマイクの信号をレコーダーに入れている。

    yano_sg1.jpg

    ストリングスのリーダーはいつもお願いしている矢野小百合さん。彼女はJUJUさんのレコーディングやツアーなどポピュラー系のステージで活躍している。彼女が学生の頃からリーダーでお願いしている。

    stage_sg3.jpg

    stage_sg4.jpg


    そしてストリングス録音の後、ブラスダビングを行った。

    brass_sg1.jpg

    brass_sg2.jpg

    ストリングスとブラスを一緒に録音する場合もあるが、それには、ストリングスの人数をかなり多く(約2倍)しないと音のレベルのバランスがそろわない。

    経験上、ストリングス、15名。木管金管楽器15名、約30名程度の別録音でのレコーディングがリーズナブルだしクオリティーも満足できるものになる。

    それに何と言っても、その人数規模だと、スタジオレコーディングのようにレコーダーからプレイバックしているクリック音をメンバー全員イヤフォンで聞きながら録音できるので、リズムのある曲などの演奏のリズムのそろいがとてもよい。
    といってもホールでクリックを聞くための、そういう専用機材が売られている訳ではないので、(大がかりなスタジオに常設するものはあるが)ケーブルやコネクターをネットで注文しては、半田ごて片手にハンダ付けしてオリジナルな機材を作っている。

    次回のレコーディング用に、モニターキューシステムをもう少しシンプルにするための回線図をエンジニアの小池さんに設計していただいている。


    という方法でホールで録音した場合、いいことは、
    特に弦楽器がよく鳴り、とてもナチュラルな美しい音になること。(クラシック系の楽器は本来、よく響くホールで一番いい音がするように設計されている)
    そして録音してきたバラバラのチャンネルを何もエフェクトしなくても、フェーダーのレベルを調整すればミックスが完成することだ。
    楽器に近いマイク、少し遠いマイク、ホールの響きのマイクのレベル調整でバランスが出来上がる。
    部屋の残響音をデジタルリバーブなどのエフェクターを使って人工的な音を付け加える必要が全くない。

    ということで、今日ミックスが終わり納品したので、何週間??か後の放送から、こちらの音源も使用されると思います。
    お楽しみに!

    テーマ : お知らせ
    ジャンル : ニュース

    2014-05-20 : 音楽 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop
    コメントの投稿
    非公開コメント

    Pagetop
    « next  ホーム  prev »

    ブロとも一覧

    カレンダー

    11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR
    ヤプーズ計画 LIVE&CLIP+2 [DVD]ヤプーズ計画 LIVE&CLIP+2 [DVD]
    (2002/12/04)
    ヤプーズ

    商品詳細を見る
    ヤプーズ計画(紙ジャケット仕様)ヤプーズ計画(紙ジャケット仕様)
    (2012/10/24)
    ヤプーズ

    商品詳細を見る
    蛹化(むし)の女~蜷川実花セレクション蛹化(むし)の女~蜷川実花セレクション
    (2012/07/25)
    戸川純、ヤプーズ他

    商品詳細を見る
    極東慰安唱歌(紙ジャケット仕様)極東慰安唱歌(紙ジャケット仕様)
    (2011/05/11)
    戸川純ユニット

    商品詳細を見る
    TOUR-LIVE ’85~’86 [DVD]TOUR-LIVE ’85~’86 [DVD]
    (2006/02/22)
    戸川純とヤプーズ

    商品詳細を見る