山海塾ロシアツアー、無事に全行程を終了

    山海塾ロシアツアー、無事に全行程を終了し、現在帰国途中の飛行機の中。
    サンクトペテルブルクからモスクワ、東京に向けフライト中。

    今回はツアーの最初からメンバー全員と道中をともにした。

    まだロシアは外国人が自由に旅行することができない。全行程を事前に申請し、宿泊先の予約やエアチケットをとった上での旅となる。
    いつものように個人で適当に合流し他の街を訪ねたり、という旅が不可能なためそのようにした。

    m31.jpg
    公演を行った劇場前広場、右がボリショイ劇場

    30.jpg
    クレムリン赤の広場

    今回山海塾がロシアツアーを行った結果、ロシア語で山海塾とググると膨大な数の記事がヒットするようになった。
    テレビ朝日
    kommersan
    culture_theater
    newsmcs ru
    timeout.ru
    kommersant.ru
    lookatme.ru
    shkola-televideniya.ru
    tvkultura.ru



    28_2_20.jpg
    ロシアの新聞に大きく若手ダンサー3名の踊りの場面が取り上げらていた。


    今回のロシア滞在中、日本大使館、総領事館、国際交流基金、ジャパンアートレインボーの方々に行く先々でお世話になった。

    あらためて、大変ありがとうございました。

    ロシアと日本は隣あった国。冷戦という過去があり、長期間交流が盛んではなかったが、実はかなり古くからの交流の記録がある。
    緒形拳さんの主演で知られる、大黒屋光太夫の物語の随分以前、サンクトペテルブルクの街が築かれた2年後の1705年。
    1695年にカムチャツカに漂流した日本人伝兵衛がサンクトペテルブルクまで連れてこられ、日本語学校を開設した記録がある。

    ロシア土産で有名なマトリョーシカ人形は
    19世紀末、箱根にあった正教会の避暑館にやってきたロシア人修道士が、本国への土産に持ち帰った箱根細工の入れ子人形(こけし・だるま・七福神)がマトリョーシカのもとになったと言われている説がある。
    (WIKIより引用)


    数年前ロシア全土で寿司ブームがおきた。
    今回ツアーをした街、モスクワ、サンクトペテルブルクには驚くほどの数の寿司屋があった。それもほとんどロシア人が経営している。

    28_2_7.jpg
    サンクトペテルブルク、モスクワ駅の近くにある寿司屋”WASABI”
    このようにオープンテラスで寿司を食べられる店が多い。

    総領事からお聞きした話だが、サンクトペテルブルク市内で寿司屋と名のつく電話番号を調べたら、300軒以上あったそうだ。
    それ以上に、普通のカフェでも焼き鳥、寿司がメニューにある事が多い。
    中にはオリジナルメニューで日本人の僕には戸惑う味の物もあった??チーズサーモン巻きなど、はさすがに??

    28_2_8.jpg
    WASABI”店内。手前にある巻物が、チーズを芯にご飯、鮭を巻いた物。
    ウェイトレスは着物を着たロシア人。


    驚くほど日本文化はロシアに入っていて、日本のアニメはもはや日本製だという意識なく、子供の頃から当然ある物で、子供達はある時期必ずといって良いほどアニメやコスプレにはまるのだそうだ。

    舞踏に関してもロシア人の主催する舞踏カンパニーがあり、先日行われた作家、村上春樹さんのロシア語の「1Q84」出版記念イベントではロシア人の舞踏家の方がパフォーマンスを行った。

    日本文化ブランディングの世界戦略に舞踏は大変有効で、日本人独特の繊細で深い精神性を海外の方に伝えることが可能だと僕は思う。

    28_2_6.jpg

    28_2_1.jpg

    終演後会場から出てくる観客。
    写真を撮っていたら、「作曲家の吉川洋一郎さんですね、フェイスブックの記事をいつも読んでいます。今日はどうもありがとう」と数十人のロシア人に囲まれた。一度オフ会でも呼びかけてみるか?僕は特に世界中の舞踏に関心のある方、ダンサー、コリアグラファーを中心にフェイスブックのつながりを作ってきたので、情報の伝達度が非常に高い。

    このバーチャルな関係が、各地で実際に公演を行うことで、つながりが本物になってくるだろう。
    また実際に観客としてご覧にいただいた方がフェイスブックでつながってくる。これを継続していくと大変強固な世界規模の舞踏の情報伝達ネットワークが出来てくるだろう。楽しみだ。


    スタッフ含め今回のツアーに関わった皆様お疲れ様でした!!
    次はリヨン国立オペラハウスでの新作制作ですね。
    関連記事

    テーマ : 日記
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    2012-05-31 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    山海塾ロシアツアー 本日最終日 モスクワの様子がテレビ朝日のニュースに!!

    今日はロシアツアー最終日。

    先日のモスクワ公演の様子がロシアのテレビニュースとテレビ朝日のニュースで放送されました。
    テレビ朝日


    総領事館の方々と昼食を。

    28_2.jpg
    ダンサー竹内さん、市原さん。舞台監督の中原さん。


    その後公演開始までの時間を縫って街を歩いてみた。

    28_3.jpg
    ネヴァ川沿いを散歩。後ろの金の塔はペドロパヴロフスク聖堂。

    日差しがきつい。サンクトペテルブルクは一年で晴天は平均65日ほど。今回の滞在中ほとんど晴れた。
    晴れ男は僕です。

    28_5.jpg
    その後観光船に乗り市内観光。世界遺産の街を海からみる。
    僕がいすに座ると、防寒用の毛布を持ってきて差し出してくれたサーシャちゃん。


    28_6.jpg


    28_7.jpg

    28_8.jpg


    28_9.jpg


    28_10.jpg

    28_11.jpg


    28_14.jpg
    エルミタージュ美術館、海からみる。

    28_15.jpg
    モスクワ駅

    28_1.jpg
    そして、動物学博物館。
    今回どうしてもみておきたかった。4万5000年前のマンモスの標本。1900年に発見されたもの。体毛もはっきり残っている
    そうか、これがそうか!!!とこの標本、そしてマンモスの子供のミイラ”マーシャ”の間を行ったり来たり、見入ってしまった。
    本当は6時閉館で5時ぎりぎりに博物館についたため
    「もう入場できない、明日火曜は休みなので明後日の朝おいで」と言われたのだが
    「どうしてもマンモスをみたい、明日東京に帰ってしまうんだ」というと、入場させてくれた。

    ありがとうございました。感動しました。





    関連記事

    テーマ : 日記
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    2012-05-29 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    ショッピング  CD、DVD、MP3ショップ???

    未だに、スパシーバ、ハラショーくらいしか言えないが、特に困ることなく街に出かけ、食事をしショッピングを楽しんでいる。

    パターンとして日本のお店で聞かれることと同じだ。

    レジに行くと
    「ショッピングの袋はいりますか?」と言ってビニール袋を指さされるので
    必要ないときは「ニエット」と言う。

    おつりが細かくなるときは、「細かいのありますか?」と聞いているはず?なのでレジの数字をみて
    細かいのを出す。

    お店の人に何か頼むときは「アジン」(ひとつ)と言って買いたい物を指させばよい。


    タクシーに乗るときは、行き先を地図で示し、iPhoneの計算機で数字を見せ、値段交渉。
    (こちらにはメーターのあるタクシーはないので必ずロシア語での値段交渉が必要。タクシーに特に屋根にタクシーと書いた看板があるわけでもなく、道を歩いて手を差し出していて、止まってくれる車がタクシー。だと思うしかない??おそらく??)


    レストランでは、ここサンクトペテルブルクは観光の街なので、メニューにたいてい英語も書いてある。
    それを指させば大丈夫。

    27_35.jpg


    さて昨日劇場近くを歩いていて、ある一軒の店を見つけた。CD、DVD、MP3と書いてある。僕は初めての街に行くとまずその街のCDショップと本屋を何軒かはしごして、どんな物がどんな値段で、どう言う品揃えで販売されているかをみて歩く。
    (ニューヨークマンハッタン島に、とうとうCDショップは数年前消えてしまったが)

    MP3????とは何ぞや??店に入るとDVD、X boxのゲームソフト、CDコーナーがあり、入り口脇の一番売れ筋商品の棚が全てMP3。

    つまりMP3形式の音楽ファイルを大量にCD-ROMに焼いた物。ちなみにユーリーズミックスのアニーレノックスのMP3は、1992年発売のDIVAからはじまり2007年のSong of Mass Destructionまでの8枚のアルバム全てが入っていて、130ルーブル、たったの340円(**);;;;!!!!!!

    これはたまんないよなあ。切なくなってしまう。それもプリンターで印刷したようなジャケットならまだしも、4色オフセットカラー印刷でバーコードまで入っている。販売元の電話番号まで入っている。これを商売にしている組織があると言うこと。
    そもそもMP3売ってますと書いた看板をお店は通りに出している。
    27_31.jpg



    日本人では喜多郎のCDおそらく全タイトル20枚、約200曲入りが2枚組のMP3ディスクとして200ルーブルつまり500円で売られていた。
    もちろんディズニーのアルバムサントラもただ同然の値段で売られている。

    レストランやホテルの料金は日本並みか日本より高い物価のロシア。つまり知的財産所有権というものが、この国ではまだちゃんと認められていない、そこにお金を払う人がいない。ということなのだろう。
    海外からの圧力、もしくはこの国の中から力を持ったアーティスト、ミュージシャンで、国家機関の上層部に影響力を持つ人が現れるまでこの状態は改善されないだろうと思った。それにはまだ数十年かかるのか?
    関連記事

    テーマ : 日記
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    2012-05-28 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    山海塾ロシアツアー  サンクトペテルブルク 5月27日 初日開けました

    27_32.jpg


    山海塾ロシアツアー サンクトペテルブルク公演初日無事終了!!!!

    Hi Friends!! Please read with Google translator!!


    27_33.jpg

    もう本当に盛り上がりました!!
    実は今日27日は、このサンクトペテルブルクが白夜に入るお祭りの日。
    街では様々な無料イベントが催され、プーチンがお祭りに来るとの噂もある。



    27_36.jpg

    開始のベルが鳴ると、拍手がわき、最初のシーンではロシア人のかたから、日本語で「待ってました!!」とかけ声が。

    27_30.jpg

    照明が足りない、仕込みの途中で照明が壊れるなど、大変な準備ではありましたが、無事この地サンクトペテルブルクの観客の皆様に作品をお届けすることができ、大変感謝しています!!!!!

    さあ明日は最終日。






    関連記事

    テーマ : 日記
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    2012-05-28 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    山海塾ロシアツアー  サンクトペテルブルク 5月26日 仕込み初日


    27_11.jpg

    朝メトロに乗って劇場近くの駅で降りると、ポスター発見。



    27_12.jpg

    大きな森の公演の中にある劇場到着 Saint Petersburg / RUSSIA Biborg Cultural Center


    27_14.jpg

    照明機材が足らなかったため急遽モスクワの劇場でつかったものをサンクトペテルブルクまで運び搬入中。


    27_15.jpg

    27_17.jpg
    こちらの客席、やたらと横長で切れ目がない。真ん中の客は出入りが大変!!何でこういう作りなのだろう??


    27_16.jpg

    古めかしいが、一応電動バトンはある。


    27_18.jpg

    照明配電盤。
    昨夜は照明の釣り込み終わり、最後の配線のチェック中にどこかショートしたらしい。
    今朝はその修理から。無事公演間に合うか?心配。


    昼間、時間を作って少し観光。


    27_19.jpg


    27_20.jpg


    舟に乗って
    27_21.jpg
    大宮殿


    27_22.jpg
    エルミタージュ美術館でレオナルドダビンチの絵画を見る。

    ここに来ると日本人観光客を見かけるが、町中ではまったくアジア人を見ない。

    27_23.jpg
    関連記事

    テーマ : 日記
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    2012-05-27 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 1
    Pagetop

    山海塾ロシアツアー  サンクトペテルブルク 初日5月25日の夜

    サンクトペテルブルク初日の夜はウクライナレストランへ!!

    27_2.jpg


    27_3.jpg

    27_5.jpg

    カツレツや餃子

    27_6.jpg

    つばさ君ボルシチ一気のみ??

    27_7.jpg

    27_4.jpg

    ウクライナの民族楽器バンドゥーラ奏者。歌を歌いながら伴奏の弾き語り。しみいるような歌だった。
    (帰国したらビデオアップします)



    27_9.jpg

    地のウオッカ。かなり臭いがきつい!


    27_10.jpg

    27_8.jpg

    飲めや歌えや踊れや!!!サンクトペテルブルクの夜。ついに白夜が始まった。食事が終わって11時過ぎても外は明るい。
    日曜27日は白夜が始まるお祭り。

    関連記事

    テーマ : 日記
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    2012-05-27 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 1
    Pagetop

    山海塾 ロシアツアー サンクトペテルブルク、ただいま到着


    25_2.jpg


    アエロフロートのエアバスに乗り、空を飛び

    25_3.jpg


    バスに乗換え

    25_5.jpg

    大ネヴァ川岸をとおり。

    25_1.jpg


    山海塾公演のポスターを川岸で発見し

    25_6.jpg


    タブリヤ宮殿の横を通り。


    到着。


    こちらサンクトペテルブルクでは観光メインで!!!行きたいところ。

    モスクワより自然が多く、宮殿や景色の良いところが多そう。

    バルト海に面している。

    ボリショイ人形劇場とか 4万年前のマンモス  エルミタージュ美術館と エカテリーナ宮殿とか


    こんな北極の近くの街までそう来ることないだろうから。
    ペテルゴーフにはエルミタージュ美術館前から舟で行ける。(自分のためのメモです)

    朝晩は5度と寒いが、昼間は16度くらいで涼しくちょうどいい、サンクトペテルブルクです。


    関連記事

    テーマ : 日記
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    2012-05-25 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 1
    Pagetop

    山海塾モスクワ公演。 満員御礼!!  そばラーメン! 次の公演地サンクトペテルブルクへ移動中

    モスクワ公演2日目。

    満員御礼!!!

    24_17.jpg


    公演後に在ロシア日本国大使館の方と天児はじめ、ダンサー数名とロシア料理屋で食事を。
    大変お話の面白い方で、こういう人が日本を代表していることに大変心強く思った。

    そこでの話題で一つ。

    ロシアに関する情報というのは、実際僕が来る前に集めた情報として非常にネガティブな物が多く、やれ「危険」とか「気をつけろ」そういうメッセージが氾濫しているが、それは旅慣れない、もっぱらツーリスト向けの情報で

    実際来て仕事をしてみると、のんびりした国で食べ物もおいしいし、人もあたりもいい。

    ロシアでは日本文化や日本人への憧れというのは大変強く、我々がロシアへの関心や情報の少なさとは真逆にロシア内での日本の情報は多い。

    数年前には寿司ブームが起こり、モスクワには至る所にロシア人の経営する寿司屋、焼き鳥屋がある。
    日本企業も数多く来ている。

    もっと日本からロシアに目を向け、日本発対ロシアの文化交流が活発になって欲しいというメッセージだった。

    前回のロシアツアーから14年、すさまじい変貌を遂げているロシアだが、現在経済成長率約7パーセント。
    成長する国々に日本のアーティストも出て行って、世界で活躍して欲しいと思う。


    24_2.jpg
    ホテルの向かいにある焼き鳥屋。この通りだけで日本食屋が6軒、メトロの入り口の大きなレストランも寿司屋。基本的にいろいろな食事をサービスするデリのようなところに必ず巻き寿司はじめ寿司を売っている。


    ちょっと砕けた話題で、

    そういえば昨日ダンサーの竹内さんが食事をした日本食屋で、「そばラーメン」というメニューがあったということ。

    なんと、麺は日本そば、つゆはラーメン、それにラーメンの具、焼き豚卵が入っていたそう。

    そして、美味かった!!!そうだ。
    ロシアならではの誤解されたメニュー?あえてクリエイションと呼んでも良いか?基本的に食事はおいしい。

    モスクワ公演2日目の午後はメトロに乗って街に出てみた。

    24_1.jpg

    切符。

    24_8.jpg
    マヤコフスカヤ駅構内。モスクワの地下鉄の駅は冷戦時、核攻撃に備える核シェルターを兼ねていたため、大変地下深い位置にある。ホームへ行くには、見下ろすと恐ろしく深いエスカレーターを下りないといけない。高所恐怖症の人には少し怖いかも?

    24_7.jpg
    メンデェレーエフスカヤの駅の看板。白地に白で、一目ではわからない。比較的どの駅の表示も見にくい上にキリル語なので、見落としそうになる。



    24_3.jpg
    24_5.jpg
    街のポスターや、これは売り物の人形?造形が独特。

    24_9.jpg

    そしてメトロに乗ってチャイコフスキーコンサートホールへ。

    24_16.jpg
    24_14.jpg

    外のポスターの演目の半分はフラメンコや、ジャズ歌手など、チックコリアもまもなく公演予定。

    24_10.jpg


    チャイコフスキーコンサートホールのはす向かいの立派な建物。お芝居の劇場か?

    カフェがあったので
    24_12.jpg
    24_11.jpg


    24_15.jpg


    食事を。BGMがクラシックかと想像したが、ジャズがかかっていた。


    さて、今モスクワの飛行場でこのブログを書いている。これから次の公演地へ。そろそろボーディングタイムなので続きはサンクトペテルブルクで!!



    関連記事

    テーマ : 日記
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    2012-05-25 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 1
    Pagetop

    無事初日あけました!!!  山海塾ロシアツアー

    スパシーバ。ハラショー!!

    Hi Friends!! Please read with Google translator!!

    無事初日が開けた。

    機材的な問題、(頼んでいた物が来ていない、他日本では予測不能な事も)多々ありました、、、、次の街、サンクトペテルブルクでもある、、、予定、、、


    が!!しかし

    14年ぶりに行われた山海塾モスクワ公演は、ほぼ満席。ブラボーのわき上がりも本物!!
    最高に盛り上がった。

    22_3.jpg


    23_2.jpg

    23_1_1.jpg

    テレビ局の中継が入り、天児のインタビューも行われた。

    23_3.jpg

    23_6.jpg
    そして本日は在ロシア日本国大使がおみえになり、ご観覧いただきました。
    ありがとうございました。

    公演主催者:チギリさん。前回16年前の「山海塾卵熱ロシア公演」のときからの主催者。
    右にいるのは国際交流基金のスタッフ、ナスチャさん。日本で子供の頃10年過ごしたとのことで、流ちょうな日本語を話す。
    チギリさん、山海塾を次は10年も待たせることなくロシアに呼びたいと熱く語り、乾杯!!!


    23_8.jpg
    そして隣のボリショイバレー団に、日本人ただ一人の第一ソリストとして在籍していらしゃる、岩田守弘さんにも、ご覧いただき、パーティーで楽しく語らせていただきました。本当に素敵な方でした。

    こちらが岩田さんのブログ。

    隣の僕が巨大に写ってるのは、カメラに近いせい??と思いたい、、、


    23_10.jpg

    公演終了して10時頃、楽屋口から出るとちょうど日が沈むところだった。
    この空の色。少し輝きのある、深いコバルトブルー。「TOBARI」の5景めの衣装の蒼の色に似ている。

    その後竹内さんの部屋で、内輪の打ち上げ。

    ちあきなおみ「黄昏のビギン」を聴きながら、
    車座になってホテルで語るのは、サンフランシスコ以来か?サンフランシスコではナパヴァレイのワインを開けたが、モスクワではウオッカ。

    それにしてもモスクワで聴くこの「黄昏のビギン」心に響く歌だなあ!!!!もうこういう歌、歌う日本人。いないのかなあ。
    日本を遠く離れると日本人の心や、良さが見えてくる。


    よく考えたら20歳の頃から、このメンバーで(若者は入っているが)東京大森、山王にあった山海塾の寮から始まり、あちこちで車座になって飲んでるが、まあいつも似たような話題で盛り上がるよなあ、俺たち。



    関連記事

    テーマ : 日記
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    2012-05-24 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    Facebookのグループについて

    いつもやりとりしている、パリのアーティストの方から、フェイスブックのグループに招待された。

    よく使い方を知らなかったので今まで放置していたのだが、そのフランス人から丁寧に教えてもらったので参加してみた。

    するといつの間にかコンテンポラリーダンス系、演出家、アーティスト、などの国際交流のグループにも招待されていた事もわかった。

    Art Mill France

    Choreographers & Creators & Thinkers

    たぶんこれは誰でも見れるのかな?ただし参加するのは招待制。

    この二つのグループで約4500人
    (後でよく調べたら、知らない間に50以上のアート系のグループに招待されて入っていた。いずれも1000人~4000人のメンバーがいるので現在約15万人に宛ててニュースを世界中に流す事ができる。小さな放送局並み?)


    こちらのブログでは多いときで一日2000人、少ないときで数百名のユニークアクセス。

    山海塾のオフィシャルフェイスブック800名
    ファンが勝手につくっった山海塾ファンページ1700名

    ツイッターが5000名

    と気がついたら、ニュースを流せるチャンネルはあっという間に万人単位になってきた。

    それも趣味や職種が限定されて、興味のある人たちの集まりなので非常に伝達率が良い。


    贅沢な悩みがひとつ。

    初めての方にお会いして、話すとき、ブログなどをお読みいただいていて、僕の過去に書いたネタを話し始めると、その話をもう知ってらっしゃる。

    知っていても、面白そうに話を聞いてやってくださいね!!よろしくお願いします。

    ということで、筑波大学から制作を依頼されていた、コード譜を、来る途中の飛行機の中で手直しして、無事モスクワから送ったので、(学生の皆さん、良かったら弾き語りしてみてください)

    今日は少し曇っているモスクワ市内に出かける、なうです。



    関連記事

    テーマ : 日記
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    2012-05-23 : 日々のこと : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    山海塾 ロシアツアー モスクワ 2日目

    明日の事について打ち合わせを2件行った後、メトロを使ってホテルまで帰ってみた。
    222_7.jpg

    赤い1地番線から灰色の9番線に。9番線はモスクワ川の下を横切っているから、線路が深い位置にありエスカレーターでかなり下りる。


    222_3.jpg
    ホテルの近くの駅に出ると、9時過ぎ。北極圏が近いなあ。夜はこんな感じでまだまだ明るい。
    それにしても、アルファベット、英語が全くない。
    222_8.jpg

    Men in Black 3がこれ

    キリル語があまりにも読めない。
    乗り換えの駅にも全くアルファベット表記がない。まあ確かに結構近年まで冷戦でアメリカと敵対関係にあった国。
    スターバックスカフェでも看板は英語じゃなくキリル語に翻訳して書いてある。
    文字の形で憶えるしかない。

    昔中国に行ったときでも、なんとか漢字を書けば通じたが、ロシアではやはり言葉を勉強しておかないと大変。まあ得意のボディーランゲージだけで乗り切りつつ

    「チャイ リプトン アジン ダー  スパシーバ」 リプトンノ紅茶一つ。アリガトウ。
    くらいは憶えたが。
    気がついたら「シーシー、グラッチェ」となぜかイタリア語が出てしまう。??

    一月くらいいるのだったら、憶えるか?とも思うが、次いつ来るかわからない国。今回は許してももらおう。
    なんとかなっている。

    222_1.jpg

    ぶんぶんうるさいテクノのBGMのかかっている寿司屋にはいり、夕食。360ルーブル。これが800円くらい。ロンドンの「YO! SUSHI」より美味かった。それにしても寿司やものすごく多い。けど日本人はいない。たくましく商売しているのは中国系、韓国系。

    路地裏にはこういうお店があって、近所の人たち、食べ物を買ってビールを買って、道ばたで大勢で飲んで騒いでいる。
    222_2.jpg

    ちょっと怖くてカメラは向けられなかったが、カフェで巨大な水パイプをすわせるカフェや、東京の洗練された雰囲気とは全く異なる。
    222_9.jpg
    この写真の左の部分からカフェ。もくもくと煙をあげながら、皆さん水パイプをくゆらせている。
    ロシアは喫煙率大変高い。


    ヨーロッパとアジアの民族的な物が入り交じった巨大都市モスクワ。



    でホテルに帰って高層階からクレムリン方向をみる。クレムリンはライトアップしている。意外と街が暗い。

    222_4.jpg

    ポールマッカートニーを聴きながら、5時間時差のモスクワは十二時過ぎ。やっと本格的に暗くなる。
    明日は夜。バラードをクレムリンを眺めながらモスクワで書いてみるか?

    皆さまおやすみなさい!
    関連記事

    テーマ : 日記
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    2012-05-23 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    山海塾 ロシアツアー モスクワ 2日目

    街を散策してみた。

    まずは劇場周辺。


    劇場正面の写真。巨大なポスター。

    22_3.jpg

    ポスターの横幅8メートルくらいある。
    そして視線を右にやると、ボリショイ劇場が。
    22_2.jpg
    ボリショイ劇場

    22_1.jpg

    CDショップを探してみた。コウモリの看板を目印に、通訳の方に教えられたお店に行ってみた。ちょっと怪しげ?

    22_8.jpg

    通りに面した所ではなく、普通のアパートの中に入って奥まった場所の地下にあった。ますます怪しげ?

    22_9.jpg
    流ちょうな英語を話す店員?じゃないかもしれない?が近づいてきて、商品説明してくれるが、しつこい!!
    きっと何かあると思ったら、そのうち「5分くらい奥の方で時間をくれないか?すばらしい物を見せたい」という。かなり怪しげ!

    きっとろくな事にならないから、断って店を出た。

    CDショップ自体はちゃんとした店で、品揃えは豊富。
    渋谷のタワーレコードのワンフロアーの四分の一くらいの品揃え。

    値段はラベルが 01  から15くらいまで商品に貼ってあり、
    ラベル01が最も高額商品で1500ルーブル。4000円くらい。
    安いのだと300ルーブル。700円くらい。

    ロシア製のCDは安く、最も高額なのは日本からの輸入CDで背表紙付きの物。
    結構日本製のCD売られていた。

    その後クレムリン広場に行く。

    22_11.jpg

    土産物屋、同じようなマトリューシュカを売っている店が50店舗以上ずらりと並んでいる。

    どれも品揃えはほぼ同じ。羽子板のように時事ネタ、プーチンとメドベージェフ人形とかある。


    22_4.jpg


    22_12.jpg

    広場。

    22_17.jpg

    22_16.jpg

    教会。

    広場ではなんだかやたらと声をかけられた。
    韓国人のツアーが多かった。
    関連記事

    テーマ : 日記
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    2012-05-23 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    山海塾 ロシアツアー モスクワ 2日目

    Hi Friends please read with Google translator!!

    ホテルから劇場に向かう。今日も暑く、良い天気。

    モスクワはどこも渋滞。

    mosc22.jpg



    途中ロシアのマクドナルド一号店の前を通る。
    mac.jpg

    この店ができたときは、広場に何キロも客が並んだそうだ。
    教科書でそのことを読んだというダンサーもいた。年齢によってはそう?

    mac2.jpg

    途中クレムリン宮殿、赤の広場を抜け
    mosc22-2.jpg


    モスクワのど真ん中、ボリショイ劇場の隣の演劇用の劇場が今回山海塾の公演を行うロシアアカデミー青年劇場。


    mosc22-4.jpg


    mosc22-5.jpg

    mosc22-6.jpg


    こんな感じの場所。

    仕込み開始。

    今日は通訳3名、道具、照明、音響についていただいていいる。
    道具のスタッフはチーフ以外英語ができない。なかなか指示出しが大変そうだ。

    後で劇場周りを写してくる。


    関連記事

    テーマ : アート・デザイン
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    2012-05-22 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    モスクワ ロシアツアー

    kinkanshoku1.jpg

    金環日食を成田エクスプレスの中でみながら、モスクワに向かう。

    moscow21-1.jpg

    ついたらとても暑い!!昨日は29度もあったそうだ。


    moscow21-2.jpg

    ホテルの窓からクレムリン宮殿方向をみる。

    moscow21-3.jpg
    メトロの駅。

    多くの建物はまだまだ古い。数十年前の旧ソ連時代の共産主義国家の頃の雰囲気はまだ街に残っている。

    moscow21-4.jpg

    レトロなパッケージのポテトチップス。


    moscow21-5.jpg

    水やビールのデザイン


    物価は驚くほど高い。デフレ国家日本から来ると、世界中どこに行ってもそう感じる。
    それもこの強烈な円高の状態なのに。

    モスクワは、至る所工事中。空港から町中までずっと渋滞していた。
    道路の両脇には旧ソ連時代の古いアパートがずらりと並び、工事のしがいが大いにありそうな状態。

    明日は劇場に8時30分入り。

    劇場の外に、巨大なポスターがあるらしい。明日写真に撮ります。
    そういえば昔、旧ユーゴスラビア公演のときも、とてつもなく巨大なポスターが街にあったことを思いだした。

    あれと比べてどっちが大きいだろう??

    明日見てのお楽しみ。

    関連記事

    テーマ : 日記
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    2012-05-22 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    Yapoos計画のころvol:5 戸川純さんに初めてLDKスタジオで会うまで

    disc_th.jpg

    確かこの玉姫様の見本盤をもらったのは水道橋にあったLDKスタジオというアルファーレコードのスタジオだった。

    当時僕はK君というカメラマンと一緒に茗荷谷にある、一階が八百屋のマンションに住んでいた。

    2DKの部屋で、台所をシェアし2つの独立した部屋があった。

    その部屋にティアックの8チャンネルのテープレコーダー、ティアックのミキサー、プロフェット600、ドラミュレーターというEmu社から出ていたドラムマシンを持っていて、生まれて初めてデモテープを作った。

    そのテープではゼルダのベース、ようこちゃんに歌を歌ってもらっていた。

    そして「Anonymous Alien」 というタイトルをつけ、何百本かコピーして友人に配って回った。


    今聞くとノイズだらけのこのカセットテープは多くのきっかけを生んだ。

    ある日のこと青山にある友人のマンションで、飲んで目覚めると突然電話がかかってきた。

    その友人の友人がCMディレクターをしていて、キューピーマヨネーズのCMの音楽を作る人を探していて、僕のテープを聴いたから会ってみたいと連絡をくれたのだった。

    打ち合わせ場所の六本木にあったブラウンというCM制作会社に行くと、友人の友人というのは、刈り上げ頭の黒めがねの同い年くらいの男性で、加藤良一君というディレクターだった。
    (加藤君は2004年に「キユーピー あえるパスタソース たらこ」のCMを作っている。「ターラコーターラコー」という、「キグルミ」という子供達が踊って流行したCM「クリックすると音楽が流れるのでご注意を!!」

    その加藤君とキューピーアオハタスープの仕事をしたのが僕のテレビCMの初仕事である。

    加藤君はCMディレクターという職業がらか、漫画家、ミュージシャン、など面白い人達が周りにいた。
    いつの間にか僕は彼の主催する「楽しい音楽」というユニットを手伝ったり、レコーディングを手伝ったり。

    「楽しい音楽」でリリースしたレコードは「びっくりハウス」の表紙を担当していたイラストレーターの霜田恵美子さんがジャケットの表紙を書き、蛭子能収さんが裏ジャケットにマンガを書いてくれたりした。(今あらためてびっくりハウスのWEBをみると、表紙イラストレーション=霜田恵美子 対談=細野晴臣VS伊武雅刀/エッセイ=戸川純/と、純ちゃんに知り合う前に少なからず接点があったようだ)


    加藤君はあがた森魚さんのファンで、永遠の遠国という発売未定のアルバムにつく、おまけのソノシート作りを手伝っていた。
    ソノシートのレコーディングの手伝いをしているうちに、いつのまにか、僕はあがたさんのライブの手伝いでキーボードを弾くようにもなった。


    そんな風に1983年は東京都心で、いわゆる今で言うサブカルチャーの人たちの集まりの、あちこちに顔を出していた。


    そんなある日、

    僕のデモテープを聴いたというアルファーレコードのSさんから電話があった。
    曲を頼みたいので一度会いたいという。

    僕はLDKスタジオに向かった。

    初めて会った純ちゃんは白いシャツに黒いコムデギャルソン(たぶん?)のスカート。黒い革製の指貫グローブをしていたように記憶する。
    そして凄くていねいに「宜しくお願いいたします」と挨拶された。


    そして話ははじめに/Yapoos計画のころ
    につながる。



    実は今回書いていて、当時のサブカルチャーの人たちの資料や写真が出てきたので、「Yapoos計画のころ」と別立てで、週一くらいの連載でシリーズで書いていこうかなと思っている。
    タイトルは「新人類ローリング80」



    それから出てきた資料の中に
    「戸川純ユニット・極東慰安唱歌」のサブマスター6ミリテープ。その後CD化したときにも未収録の「感傷的家路」というタイトルの音源。京都のライブハウスで録画したビデオテープ。
    当時回していたステージの上から、オフのとき、楽屋、移動中を撮影した8ミリフィルム。
    毎回のリハーサルスタジオで録音したカセットテープや、僕の自宅で録音したDEMO。
    段ボール箱に3箱ほどある。
    聞き直していないが、興味深い物もあるかもしれない。



    なにぶん30年前の話なので、記憶があいまいだ。
    出来る限り当時の写真や資料を見直しながら書くようにするが、勘違いしているところや、記憶が違っているところがあったら、ご存知の方はお教えください。

    関連記事

    テーマ : ロック
    ジャンル : 音楽

    2012-05-20 : Yapoos計画のころ : コメント : 0 : トラックバック : 1
    Pagetop
    ホーム  次のページ »

    ブロとも一覧

    カレンダー

    04 | 2012/05 | 06
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR
    ヤプーズ計画 LIVE&CLIP+2 [DVD]ヤプーズ計画 LIVE&CLIP+2 [DVD]
    (2002/12/04)
    ヤプーズ

    商品詳細を見る
    ヤプーズ計画(紙ジャケット仕様)ヤプーズ計画(紙ジャケット仕様)
    (2012/10/24)
    ヤプーズ

    商品詳細を見る
    蛹化(むし)の女~蜷川実花セレクション蛹化(むし)の女~蜷川実花セレクション
    (2012/07/25)
    戸川純、ヤプーズ他

    商品詳細を見る
    極東慰安唱歌(紙ジャケット仕様)極東慰安唱歌(紙ジャケット仕様)
    (2011/05/11)
    戸川純ユニット

    商品詳細を見る
    TOUR-LIVE ’85~’86 [DVD]TOUR-LIVE ’85~’86 [DVD]
    (2006/02/22)
    戸川純とヤプーズ

    商品詳細を見る