山海塾ロシア公演

    unetsu_moscow.gif
    前回のロシア公演のポスター。

    5月 23日24日 モスクワ 27日28日 サント・ペテルスブルクの公演が決定になりました。

    We Sankai Juku will make tour in Российская Федерация. 
    23,24 May in  Москва́ Moscow 27,28 in Санкт-Петербург Saint Petersburg.

    Hej, alla i Ryssland.Vi ses på teatern.
    Hello, everyone in Russia. We'll see you at the theater.


    今日は午後、山海塾の新作の音楽打ち合わせを行った。

    で以前ちょっとフライング気味に告知したロシア公演が決定になったのでお知らせを。

    いつもは現地集合、現地解散(この前のアフリカ公演もそう)なのだが、今回ばかりはそうはいかなさそうだ。
    みんなと一緒のフライトで飛び、宿泊も何もかも一緒にしてもらうことにした。

    コロムビアなどは一人で歩くと命の危険があるような場所での公演。初めてニューヨークのブルックリンのBAMオペラハウス公演の時はアメリカの景気が悪く、劇場の近くを一人で歩くと危険だと脅されたし。

    今回は開口一番「警官には気をつけなさい!」というアドバイスを知人からもらったくらいなので、単独行動はできそうにないかな??

    冒険旅行になるかもしれない。



    関連記事

    テーマ : 今日のニュース
    ジャンル : ニュース

    2012-03-29 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    入学式でのレコーディング

    halltkb.jpg


    今日はアルファーレコード時代からいつもお願いしている、エンジニアの小池光夫さんと来週行われる大学の入学式で行う筑波大学管弦楽団の演奏のレコーディングプランの打ち合わせとか。機材リスト作りとか。

    旗の後ろに見えないようにマイクを6本吊して、後ろの緞帳の上をケーブル通してと、プランしていたのだが、我々2人には緞帳の上をケーブルを通す道具をエイヤア!!と投げるコントロールがないという事に気づき、安全な方法で下手からケーブルを回すことにした。

    レコーディングのたびに少しずつDPAやノイマンのマイクとか、フォーカスライトのプリアンプを買い足していたらいつの間にかこんな大げさなレコーディングをマルチでできる機材が自前でそろっていたのに驚いた。

    96k 24bit 16chで録音予定です。

    センターで歌うのはもちろんクリス・ハートさん

    当日は映像の先生と学生のチームでの録画も行われる予定。


    今週から、秋のリヨンオペラハウスで行う山海塾新作の打ち合わせがはじまり、そのために演奏をお願いしようかなと考えている、ニャティティー奏者のアニャンゴさんの音資料を聞き直したり、ちょっと慌ただしくなってくる。

    アニャンゴさんがヴァイオリニスト葉加瀬太郎さんのアルバムで最近レコーディング演奏した資料CDを送っていただいたので、これから聞いてみる。

    関連記事

    テーマ : 今日のニュース
    ジャンル : ニュース

    2012-03-27 : 大学 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    幻のコーヒー ブルボンポアント

    bp3.jpg


    昨年暮れ、山海塾公演先のアフリカ、レユニオン島上空を僕たちが、2人乗りの小型飛行機で飛んでいるとき、天児がパイロットと話していて、コーヒーの話になった。
    着陸間際、ちょうどパイロットの経営しているコーヒー農園の上空を通過したのだ。

    bp4.jpg
    ULMという二人乗りの軽飛行機。日本にはないかもしれない?左右の壁もなく体がむき出しのまま3000メートル以上の上空を飛ぶ。バイクで言えば原付のような簡単な物なので、操縦するのに免許もいらない。


    そしてこのアフリカの島は幻のコーヒーと呼ばれる、一年に150キロしか日本に入らないブルボンポアントというコーヒーの原産地であり、それが探せば手に入ることがわかった。

    日本では年に一度しか販売されず、それも大変高額なコーヒー。

    それを探し出し、島の店で日本で買うよりも安く手に入れることができた。

    日本に持ち帰り飲んでみると、その味は確かにワイルドで複雑な味が混じり合った深みがある。


    bp2.jpg


    いままで、一度も味わったことのない、確かに幻のコーヒーと呼ばれるにふさわしい味だった。
    それいらいコーヒーにはまり、ミルを買ってきて豆を挽き入れるようになった。
    挽き立ての芳醇なコーヒーの味は格別だ。

    そしてコーヒーを楽しむ以外にも、とても良い事があった。

    仕事柄パソコンに向かっている時間が長いので大変肩こりなのだが、一定時間ごとにコーヒーミルのハンドルを両手でごりごりと回すようになってから肩こりがなくなった。

    肩こりの方お試しあれ!


    関連記事

    テーマ : 趣味と日記
    ジャンル : 趣味・実用

    2012-03-25 : 日々のこと : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    東京国際アニメフェアー2012、大学生が立案したアニメ企画

    animf1.jpg

    animef2.jpg
    ボーカロイドブース

    animef3.jpg
    キャリーパミュパミュコーナーは電通ブースにあった。そうなんだ!!


    今日は東京ビッグサイトで行われた東京アニメーションフェスティバルで開かれたシンポジウムに、筑波大学ブランディングプロジェクト学生スタッフ2名と出席してきた。

    友人の専修大学ネットワーク情報学部教授、福冨忠和さんが立てた企画。
    彼の指導する学生が、アニメーションの企画を立案し、プレゼンする授業。福富さんの講座は今年で10年目。

    前期後期、通年、受講者数一学年70名が提出したプレゼン資料の中から、選出された7名による学生発表をフェスティバル会場内のブースで行う。

    それを株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント、株式会社プロダクション・アイジー他日本を代表するアニメ制作会社の、それもトップにいる4名の専門家たちが講師となって批評する。

    予算書まで提出し、「純利5億円の予想です」という言葉を学生から聞くのは大変新鮮だった。カリキュラムとしてそこまで提出することが求められている。

    animef4.jpg

    批評は辛口で学生は真剣そのもの。というのも初年度から、この授業のプレゼンから実際にテレビ番組として放送される事になったアニメーション企画が生まれているからである。

    このような実践的な授業を行っている学校はもはや珍しいことではない、次々と結果を出し、アニメ制作会社、ゲーム制作会社へ就職する学生をこの講座から多数輩出している。
    授業から生まれる利益は寄付講座として企業から大学に還元される。
    大学は今そんな時代。

    一緒に行った学生達も大変刺激を受けたようだ。

    もっとも、大学がそういう学校、であるとか学部がそうだというよりも、やはりこういう講座を企画した福富教授の企画力と彼の持つネットワーク力に寄る部分が大きい。
    結果を出せる教授に指導されるのと、そうでないのとではその後の学生の人生が大きく左右されるだろう。
    受験生を持つ親の身としては、気になるところだ。


    animef5.jpg

    animef6.jpg
    TVゲーム「ゼルダの伝説」映画化アニメーション企画のプレゼンからスタート。興行収入予測15億円。海外収益予測5億円。それに対し、「ここ数年実はアニメ業界の海外収益は落ちています。その予測ではその粗利に達しないと思います」という現場の生の声が、飛び交う授業。

    animef7.jpg
    学生のオタク度は高く、キャスティングまでしっかりと書き、その声優のキャスティング意図、その背景まで語る。すでに企業で秘密裏に進行している企画と大まかなストーリー展開、監督、声優まで同じだったプレゼンがあるそうだ。

    anime8.jpg
    袴姿で卒業式から直行した学生のプレゼンター。話のテンポも抜群にうまい!!立て板に水。

    講師側からも、「この企画だとA社の、どこそこの部署に持って行くと乗ってくると思う。」という、現実的なアドバイスが出る。

    唯一パワーポイントに文章をずらずらと書いている画面が、読みづらくて気になったくらい。プレゼン会場が広かったせいもあるのかもしれない。

    テレ東さんどうでしょう??この企画。



    関連記事

    テーマ : 今日のニュース
    ジャンル : ニュース

    2012-03-23 : 日々のこと : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    リハーサル

    orch3.jpg


    昨日は大学の卒業式、入学式式典のための筑波大学管弦楽団によるリハーサルが大学会館講堂で行われた。
    前述のクリス・ハートさんを交えての初めてのリハーサルとなる。


    orch1.jpg

    一年前に書き上げたフルスコアー。昨年リハーサルを1度行った後に大震災となり、式典は中止になってしまった。
    今年は、あらためてリハーサルに何度か立ち会い、譜面を修正しつつ、完成した。

    大きな余震などなく、学生、そのご家族、関係者の方々が祝福の中、つつがなく式典が行われる事を祈る。

    僕にとって2011年度は親しい大学の後輩のご家族が被災されたり、大変な年だったが、来年度は希望の年になるよう願う。


    関連記事

    テーマ : 日記
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    2012-03-21 : 大学 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    ちょっと自慢できるヴァンゲリスさんとのツーショット

    リドリースコット監督の、あの映画史に残る不朽のSF映画「ブレードランナー」の音楽の作曲者、ヴァンゲリスさんとのツーショット。

    vangeris2.jpg



    vangeris4.jpg
    ヴァンゲリスさんのお宅のベランダ

    現在撮りためている映像の編集作業の真っ直中。

    仕事で海外に行くことは多いが、日本にいる間はあまり旅に出ることがない。今年に入って、北九州芸術劇場公演で福岡に一度行ったきりだ。

    このブログに引っ越してまだ一年、その前7年ほど書いていた記録がWEBのほうのコラムにあったのだが、整理してしまい、読めなくなってしまったので、そちらから過去のログの抜粋を引っ張り出し、こちらのブログで紹介することにする。

    カテゴリーは過去のブログで。

    さて今回は前々回2009年、ギリシャアテネ公演の時にご招待されご自宅にお伺いした、作曲家ヴァンゲリスさんのお話。




    アテネ~No.1

    18th Feb 2009 

    アテネ公演最終日。市内から車で30分ほどの海沿いにある、作曲家ヴァンゲリスさんのお宅に招待される。

    プロフィールはこちら。

    ロンドンとパリの邸宅を引き払いアテネに戻られたヴァンゲリスさんのお宅は、門から玄関まで巨大プールがあり超ゴージャス。

    プライベートな事なので写真は載せられないが、典型的な成功した音楽家のお宅。

    3階建ての2階には、興が乗ると、そこに何十人も入れてコンサートをするという大理石のリビング。

    そこにはベーゼンドルファーとカワイのフルコンのグランドピアノが2台。
    1階にはスタインウェイ のフルコンが。お手伝いさんが2名。

    エーゲ海を見下ろすパーティー用のテラス。1階からクルーザーで海に遊びに行ける。


    greece2.jpg
    公演を行っているギリシャの劇場は、それ自体がとてつもなく美しい!!
    greece3.jpg
    ギリシャ人の美的感覚は想像以上だった。こんな美しい劇場空間を見るのは初めてだ。

    つづく。

    テーマ : 日記
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    2012-03-18 : 過去のブログ : コメント : 1 : トラックバック : 0
    Pagetop

    ミックス完成

    朝一で1曲DEMOのミックス完成。

    これは弦カル、プラスするとか?

    今までの曲と違って、少しドライな感じで。

    最後の部分、コーラスのちょっとコブシ回してるのを、同じようにほかの声部でもハモるのはちょっと高度なワザ。

    やってみるとなかなかはまらない人が多い。





    はい。今日はこれから山海塾の「KAGEMI」DVD映像編集作業!!



    関連記事

    テーマ : 今日のニュース
    ジャンル : ニュース

    2012-03-17 : 音楽 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    歌入れ 

    筑波大2年生の小林加奈さんの歌入れを昨日スタジオで行ったのでラフなミックスDEMOをこのリンク先にアップします。これは今後ストリングスとか入るかな?これから少しずつ変化していきますのでお楽しみに!!

    この曲じゃないもう一曲をメインでやって、残った時間にちょっとテストで2テイク録音して、どこも直してないので、まだ歌い切れてない所もありますが。

    メインで録音した曲は10声ほど重ねたのでミックスが大変なので後日アップします。




    歌入れはとても大変だが面白い。

    人の声は刻々と声質が変わり続けていて、朝起きたとき、食事の後、夜、風邪気味の時。少しずつ変化する。
    コマーシャルなスタジオ仕事の時は無難な方法でスタジオで録音するが、アーティストの作品プロデュースの時はずいぶんこった録音方法をする。

    おそらく各プロデューサーそれぞれの秘密があってその人独特の音になるので、機材から録音方法、あらゆる方法が異なるのだろう。Bjorkは海の中に半分体を沈めて歌ったり、ENOはU2のレコーディング時体育館のような所にドラムセットを組んで録音したり。一般的なレコーディングスタジオでエンジニアと録音することが、あまりない。どちらかというと、機材一式もろとも特別な響きの場所に出かけていって録音することになる。


    話が脱線するが、テレビでコマーシャルを見ていて時々女性ヴァイオリニストの方の出演するCMで悲しいくらい響きのない、か細いヴァイオリンの音のするCMを見るが、これは日本のスタジオの標準的なデッド(残響がない)なスタジオで録音したせいだ。(まれに大理石や堅い木で作られた響く部屋を持っているスタジオもあるが、数少ない)

    室内楽の楽器は、部屋の中で響きがあって楽器が共鳴して本来の音が出る物なのだが、TVコマーシャルでクライアントさんもいて、限られた予算と時間で収録というと、そういうレコーディングスタジオで録音するしかないからなのだが、とてもアーティストの演奏が下手に聞こえてかわいそうだ。

    hallk1.jpg

    hall3k1.jpg
    一昨年プロデュースしたクラシックのピアニスト今川裕代さんの軽井沢大賀ホールでのレコーディングのようす。これくらいの空気の量がないと本来のフルコンの響きにならない。エンジニアはいつもお願いしている小池光男さん。
    僕のブログのこちらでこの時の録音をお聴きいただけます。

    さて今まで、いろいろな方と歌入れをしているがNHKのみんなの歌でアグネスチャンさんとレコーディングしたときは面白かった。
    NHKの一番大きなスタジオでの録音だったが、響きのある巨大な部屋があり、とても良い残響音だったたので「ここで録音しましょう」と言って、ナチュラルな本物の部屋のエコーと一緒に録音した。

    アグネスさんが立つスタジオ内の場所によって響き方が微妙に変わってくる。元の歌と、響きのバランスが最も良い場所にマイクをセットしてもらった。

    確か僕が仮歌を歌ったのを聞いて「はいわかりました、じゃあ歌います」
    といって一回目で完璧だった。一応念のため2テイク録音したが結局ファーストテイクがOKになった。


    あまり上手くない方だと、パンチインといって何度も途中からやり直したりするのだが、アグネスさんは全くその必要がなく、それ故、残響のある部屋で録音しても問題なかった。

    後にも先にも部屋のナチュラルエコーで一回しか録音せずパーフェクトだったのは、僕のレコーディング人生で彼女だけだ。

    どういうところで、どういう状況で、どの機材を使って録音したら、こんな音になったという情報は、それは秘密です。その手の情報誌もあるけれど、肝心な事はみんな言わない。
    というか要素が多すぎて、同じ場所で同じ状況を作っても湿度や気圧で音は変わるので、これはもう経験しかないが、奥が深くて大変面白いものなのです。


    関連記事

    テーマ : 今日のニュース
    ジャンル : ニュース

    2012-03-15 : 音楽 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    あらためまして皆様初めまして

    あまりにも多く、初めてこのブログをご覧いただいている方が多いので自己紹介させていただきます。

    作曲家、プロデューサー、をしております。

    プロフィールはこちらに。

    日頃テレビをつけるとさまざまな形で僕の作曲した音楽をお聴きいただいています。
    20歳代はヤプーズというロックバンドでキーボードを弾き、女優であり、歌手である戸川純さんと活動しておりました。


    皆様おなじみのテレビの仕事以外では、舞台音楽の仕事が多く、世界的に活躍する山海塾というコンテンポラリーダンス 舞踏という舞台の音楽を学生時代から作曲し、今年秋はピアニスト加古隆さん、パーカッショニストYas-Kazさんらといっしょにフランスリヨン国立オペラハウスで新作を制作する予定なので、その制作過程など、こちらでご紹介すると思います。

    もちろん先日書きました、クリス・ハートさんとは来週リハーサルがあったり、ホールでの録音なども予定しておりますのでその様子もこちらに書くことと思います。

    現在筑波大学のブランディングプロジェクトというのをお手伝いさせていただいています関係で、母校、筑波大学の関連事項、授業のことなども書くことと思います。

    昨日は筑波大学2年生のシンガーソングライターの卵、小林加奈さんの歌入れをスタジオで行っていまして、まだまだ、練習中ですが素質を持ったシンガーですので、そのレコーディングやリハーサルのこともこちらで、ご紹介いたします。
    kamakura_vo.jpg

    昨年秋は一ヶ月にわたるロングランとなったフランスの女優ソフィー・マルソーさんの一人芝居の舞台音楽をパリで担当させていただいたり、

    現在進行中の仕事では、ギリシャ人でニューヨークで活躍されています脚本家のかたと、新しい舞台作品の音楽を作ったり、その方の企画する、ハリウッド映画の音楽制作が進んでいますので、(ハリーポッターのダンブルドア教授役の俳優さんが出演予定)そういう海外の仕事もこちらでご紹介いたします。

    下の写真はこの2,3ヶ月で仕事で訪れていた国で撮影した写真です。
    reutsushi30.jpg
    公演先の劇場にあった公演のお知らせ。一番上に山海塾の文字が。

    pd7.jpg


    fl62.jpg
    島の上空を二人乗りの軽飛行機で飛ぶ。
    窓も壁もなく、体むき出しで上空3000メーター!!
    pd9.jpg

    reuni5.jpg
    山海塾公演先のアフリカレユニオン島にて2011年11月(初夏です)
    南半球、マダガスカル島とインドの間、インド洋に浮かぶ孤島で開かれたダンスフェスティバルに招聘され公演を

    at34.jpg
    at32.jpg
    公演先のギリシャアテネにて2011年12月 ギリシャ政府に抗議するデモ隊と遭遇。デモの行われたギリシャ国会議事堂前広場裏のパラスシアターで僕たちは公演を行っていた。
    at45.jpg
    アテネで行った我々の舞台の本番前の様子。この山海塾作品「KAGEMI」のDVDは現在、編集真っ最中!まもなく発売予定!!


    ib65.jpgib68.jpg
    トルコイスタンブールにて2011年12月 アヤソフィア探訪


    公演のため海外に出かけることが多いので、世界各国の風景などとともにこちらのブログ楽しんでいただければ嬉しいです。宜しくお願いいたします。



    関連記事

    テーマ : 今日のニュース
    ジャンル : ニュース

    2012-03-13 : 音楽 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    クリス・ハートさんとの出会いのこと

    じつは3日前から、このブログのアクセスが凄いことになっていて、一日のアクセス、ユニークユーザー数というのが数千名。

    というのも筑波大学のメッセージソング"IMAGINE THE FUTURE."英語ヴァージョンを歌っていただいているクリスハートさん(こちらのオフィシャルWEB、音楽が流れるのでお仕事中の方は気をつけて!)が日本テレビの番組「世界一決定戦、日本の名曲のど自慢ザワールド」で優勝し、そのことを書いたからである。

    こちらにその優勝の日のツイートまとめ

    IMAGINE THE FUTURE. English Vir. 高音質ファイル


    You Tubeを見るとその日の様子がわかるので、気になる方はご覧ください。
    「クリス・ハート」で検索すれば彼が今までに色々アップしている歌も一緒に楽しめます。

    さてクリスさんとの出会いについて。
    さかのぼること約2年。筑波大学のブランディング広報活動の一環としてメッセージソングを作るプロジェクトがスタートしたのだが、2010年秋頃その歌を卒業式や入学式で披露したいという要望が出てきた。

    tsukuba_1.jpg



    披露方法が様々検討されたが、筑波大学管弦楽団の演奏と一緒に数名の歌手での披露方法が提案された。
    そして学生を基本とする合唱団の中に、少なくとも一人はプロフェッショナルな、しっかりした歌い手が必要だという要望が、オーケストラを指導される先生から出された。

    そこで僕は周りにいる音楽関係者に声をかけた。

    その中の一人、阿部あかねさんという歌唱指導の先生から、自信を持って推薦できる歌手としてクリスさんを紹介された。

    阿部さんは青山テルマさんを指導し、デビューさせたことで有名な方で劇団四季のトップスターはじめ本当に歌の上手い方を育てていらっしゃる。

    その方の推薦ならという事で、阿部さんのレッスンスタジオでクリスさんに初めてお会いした。
    阿部さんにはこちらのソニーの中国向け企業CMで歌っていただきました。美しい歌声!お聴きいただけます

    クリスさんは愛嬌のあるルックスの、物静かな方で非常に親しみやすくジェントルマンな印象を持った。またYOU TUBEにアップされていた歌声も申し分なかった。

    そこで大学のプロジェクトの皆さんや広報事務局の方にご紹介しようと思ったときに、「はて?」一瞬迷った。

    大学の入学式や卒業式という式典、そこに日本人ではない、アメリカ人の黒人の方が出演し、センターで歌う。

    この提案に大学の関係者はどのような反応をするだろうか?

    実は、数年前まで指導していたある音楽大学では、地方と言うこともあり、保守的な考えの方が多く、面白いと思って行う僕の提案は、まず、ペンディングされ、会議したあげく、ほとんど却下されていた。
    それで僕は大学というのは大変保守的な所だという印象しか持っていなかったので、クリスさんを事務局の方に紹介するさい全く自信がなかった。(歌は抜群なのでそこに迷いはなかったが)


    さて会議の日You Tubeの映像を見ていただき、クリスさんのプロフィール写真などをお渡しし、「どうでしょう?」とおそるおそる尋ねたところ。

    「あ、良いんじゃないですか!!入学式が国際的な雰囲気になりそうで楽しみですね」

    僕の予想していたのとは真逆の答えがすんなり返ってきた。
    「いやあアメリカ人が日本語で入学式でスクールソングを歌うなんてインパクトあってかっこいいですよね」
    そういう話で会議は盛り上がった。反対する意見がどこからも出なかった。

    そうそう僕の母校、筑波大学はこういうオープンで先進的な事をよしとする大学だったなあ。
    僕の中の大学像というのはこれが標準だったんだ。
    つくづく筑波大のこういうオープンマインドなカルチャーの中で青春時代を過ごせたことを誇りに思った。


    クリスさんにはそれ以後、リハーサルに何度も筑波大学に足を運んでいただき、昨年度の入学式で歌っていただいた。

    tsukuba_4.jpgリハーサル風景


    tsukuba_6.jpg

    拡大してご覧になれます。


    残念ながら一年前の今日3月11日にあった地震のせいで、昨年度の入学式は延期になってしまった。

    5月に入り大学の陸上競技場で約4000名の新入生達を一堂に会し入学式は開催され、この歌の披露は行われたのだが、彼の歌声に感嘆と賛美の声、そして拍手がわき上がった事は言うまでもない。


    昨年は屋外での披露となったため生のオーケストラとの共演はかなわなかったが、本年は修復工事の終わった大学会館講堂での披露となる。

    リハーサル風景など録音、映像収録など行う予定なので、その様子はまた、こちらにアップいたします。


    関連記事

    テーマ : 今日のニュース
    ジャンル : ニュース

    2012-03-11 : 音楽 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    世界一決定戦、日本の名曲のど自慢ザワールドで、クリス・ハートさん優勝

    日本テレビの午後8時台の番組「世界一決定戦、日本の名曲のど自慢ザワールド」を見ていると

    僕の作曲した筑波大学メッセージソング「Imagine The Future.]の英語ヴァージョン(歌詞の翻訳もクリスさん)を歌っていただいているクリス・ハートさんが出演していた。

    chris.jpg
    英語ヴァージョンの録音スタジオで、クリスさんと。

    こちらでクリスさんの歌をお聴きいただけます。


    一回戦を勝ち抜き、決勝戦には4組が残り、


    そして、イタリアの歌手、アメリカの歌手3組、合計4組が争う中、クリスさんは小田和正を歌い
    どの人も、ものすごくレベルが高く!!はらはらしながら見ていたのだが

    なんとなんと!!!

    優勝!!つまり世界一!

    審査委員長の和田アキ子さんが、べた褒め!!文句つけようがないほど上手い!!というコメントで。


    昨晩の皆さんのツイートをこちらにまとめてみました。ものすごい反響です!!

    今月3月23日24日には筑波大学の卒業式でクリスさんに歌ってもらうので、そのリハーサルが筑波大学管弦楽団と一緒に20日から大学で行われる。

    なんだかとてもすてきな卒業式、入学式の記念式典になりそうで、お会いするのが今からとても楽しみだ。
    その様子は後日こちらにアップいたします。

    クリスさんおめでとう!!!


    関連記事

    テーマ : 今日のニュース
    ジャンル : ニュース

    2012-03-09 : 大学 : コメント : 1 : トラックバック : 0
    Pagetop

    コラボレーションが楽しみ

    アテネの脚本家から、お互いの制作する舞台作品に関する契約内容について若干の追加事項の依頼があり、修正した書類を無事メールで送った。

    大きな判子でも押してやろうかと思ったが、印鑑は世界では全く通用しないので、サインを英語と日本語で書類に書いて、スキャンし、PDFファイルにした。

    メールの本文はコラボレーションが楽しみです。という意味のメール内容で、こちらとしても大変楽しみにしている。

    ブロードウエイにあるタウンホールという会場など何カ所か上演を予定しているらしい。

    まだ先の話になるが、今回のプロジェクトのニューヨーク公演をブログで紹介できる日が近いことを祈る。

    きっとニューヨークに住むギリシャ人コミュニティーのアーティストが多く見に来ることだろう。
    関連記事

    テーマ : 今日のニュース
    ジャンル : ニュース

    2012-03-08 : 海外の演出家との仕事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    グーグル翻訳でロシア語を翻訳してみた

    フェイスブックでロシアのアーティストと多くつながっているせいか、最近ロシア語のスパムメールが多く送られてくるようになった。

    いつも全く読めないから、すぐ削除していたが、試しにグーグル翻訳してみた。

    すると、あのロシア語、単語一つからして全く意味不明な言葉がなんと

    Праздники и выходные
    в "ДРУГОМ ТЕАТРЕ" !
    9 марта
    на сцене ДК имени Зуева (ул. Лесная 18)

    спектакль "КТО"

    режиссер М.Виторган
    В ролях: Елена Ксенофонтова, Андрей Ильин,
    Сергей Белоголовцев

    9 марта
    на сцене Центра-музея В. Высоцкого
    (Нижний Таганский тупик, дом 3)
    "В обществе мертвых поэтов"

    祝日や週末
    "OTHER THEATER"で
    3月9日
    DCシーンZuev(フォレストストリート18)に代わって

    "КТО"のパフォーマンス

    ディレクターM.Vitorgan
    出演:エレナKsenofontova、アンドレイIlyin、
    セルゲイBelogolovtsev

    3月9日
    ウラジーミル·ヴィソツキーの博物館でセンターステージ
    (下だけじゃデッドロック、ハウス3)
    "いまを生きる


    つまり
    「明日**広場で踊ります!!見に来てね!!」というパフォーマンスの案内メールだった。

    この一言も読めない意味不明の言葉が瞬時に、楽しげな日本語に変換されるインパクト!!

    すごいなあ。


    パリに初めて行った頃にお世話になったアンヌマリーと最近フェイスブックでやりとりするのだが、彼女は当時から今も全く英語が全くしゃべれない。

    僕は英語は大丈夫だが、フランス語は片言になる。だから今でも普通に劇場に遊びに来てくれてもあまり複雑な会話をすることができなかった。

    ところが、このところグーグル翻訳をつかってやりとりすると、ものすごく意思疎通できる。

    実際に会っているときより、はるかにいろいろ事がわかった。
    いつもやりとりの途中に、「翻訳ソフトで書いてるからわかりにくくてごめんなさい」と、いうコメントをくれるのだが、

    いや、彼女の普段しゃべる英語より、はるかに意味がわかる!!
    常時翻訳ソフトを使って欲しい!!と彼女には言いたい。


    これ、きっと将来的にしゃべるとリアルタイムに自動翻訳してくれるようになるなあ。

    iPhoneに向かって小さくしゃべると相手に聞こえる音量でロシア語になったり。フランス語になったり。

    そうなるとますます世界は狭くなるし、面白くなる!!!
    どこのメーカーが最初に実用品を開発できるか!!楽しみだ。

    関連記事
    2012-03-08 : 日々のこと : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    コントラクト、女優、ギリシャ

    いやあ今日は大変な一日だった。

    ギリシャの演劇制作スタッフと様々な条件をすりあわせて、やっと先方のディレクターと「コントラクトを作りましょうと」いうところまで来た。昼間からメールをやりとりし、先ほど真夜中過ぎに片付いた。(合間にちょっと大学の会議とかに出てたりしながら、、、)

    まずはアテネで新作としてギリシャ語で上演した後、ニューヨークブロードウェイでその劇団が数年前に旧作を上演したAtkinson Theatreで英語での上演予定。


    これがギリシャの映画プロジェクトとリンクしていて
    ブロードウェイで上演予定の芝居の脚本家がその映画のシナリオを書いている。

    アカデミー賞女優のオランピア・デュカキスやハリーポッターシリーズのサー・マイケル・ガンボンの出演する予定のジャーニーという映画

    昨年末脚本家のアレクサンドラからアテネでその映画の音楽制作を依頼され、それ以後、ものすごく長いメールをお互いやりとりしている。


    こちらのリンクのオランピアデュカキスの隣の女性がその脚本家。僕の英語のメル友か??

    まだまだ制作はこれからなのに、やりとりだけで結構手間だが、まあ元々言語の異なる人々が集まってやる仕事が多いので、とにかく「コントラクト」つまり契約が大切!!!!

    そういえば、昨年の冬にやったソフィーマルソーとの仕事の契約も、何パターンか提示されて、さんざんメールやりとりをした。とにかく


    まずはコントラクトから!!!!!!!






    関連記事

    テーマ : 今日のニュース
    ジャンル : ニュース

    2012-03-07 : 海外の演出家との仕事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop
    ホーム  次のページ »

    ブロとも一覧

    カレンダー

    02 | 2012/03 | 04
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR
    ヤプーズ計画 LIVE&CLIP+2 [DVD]ヤプーズ計画 LIVE&CLIP+2 [DVD]
    (2002/12/04)
    ヤプーズ

    商品詳細を見る
    ヤプーズ計画(紙ジャケット仕様)ヤプーズ計画(紙ジャケット仕様)
    (2012/10/24)
    ヤプーズ

    商品詳細を見る
    蛹化(むし)の女~蜷川実花セレクション蛹化(むし)の女~蜷川実花セレクション
    (2012/07/25)
    戸川純、ヤプーズ他

    商品詳細を見る
    極東慰安唱歌(紙ジャケット仕様)極東慰安唱歌(紙ジャケット仕様)
    (2011/05/11)
    戸川純ユニット

    商品詳細を見る
    TOUR-LIVE ’85~’86 [DVD]TOUR-LIVE ’85~’86 [DVD]
    (2006/02/22)
    戸川純とヤプーズ

    商品詳細を見る