ギリシャ

    という事で

    dp60.jpg

    dp61.jpg

    約24時間かけてパリ経由でアテネ着。

    dp63.jpg

    国会議事堂前のシンタグマ広場のホテル着。

    dp65.jpg
    経済危機で、暗くなっているかと思いきや、ここはクリスマスの輝きでいっぱい!!!

    dp67.jpg

    うわあ鏡で見ると真っ黒になった自分の顔に、、、!!びっくり!!日本人??


    関連記事

    テーマ : 日記
    ジャンル : 日記

    2011-11-30 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    オフオフ2

    日焼けのせいで顔、肩、後頭部の皮膚がひりひりとする。
    レユニオン公演を無事終了し、次の公演地に移動中。

    ローランギャレ空港でフライト待ち。一度パリに飛び、オルリーからシャルルドゴールに移動し、乗り継ぎでアテネ入りの予定。

    楽しい滞在だった。実に南国のオープンな感じ

    dp40.jpg


    南国ムードあふれる、市庁舎 Hotel des Ville


    11月10日から始まった今回のレユニオンのダンスフェスティバルは全世界から20グループほど、この島に集まり
    公演を行った。それぞれの入場料を見てみると、ほとんど14ユーロ程度。山海塾だけ24ユーロとほぼ2倍のチケット料金で、最終日の最終公演という別格の扱いだった。

    小さな島だから、口コミが大きく影響するのだろう。今日サンドニのカフェで休んでいたら、「昨日面白かったよなあ、SANKAI JUKU……」と言って公演のまねをして遊んでいる青年の集団があった。
    いやはや驚いた。

    dp42.jpg

    レユニオンはフランス領である事への様々なジレンマもあるようで、フランスから莫大な投資が行われ、高速道路も付き、観光設備が整備されるとそこには、フランス本土から白人達がやって来て、良い職業に付き、地元民は40パーセントのタックスを払い、若者の失業率は大変高いとの話だった。


    クレオール化は非常に進んでいるようで、昼、アイスクリームショップで休んでいると、8人くらいの入って来た若者達は皆褐色の肌をしていたが、よく見ると中国系、アラブ系、ヨーロッパ系、そのルーツがわかる顔をしている者ばかりだった。


    dp26.jpg

    地球人はやがて混じり合って、褐色の肌になって行くのだろうか??

    そういえば、昨年我が家に遊びに来た南仏に住む親友ヴァンサンが、「日本では白い肌の人しか見ない、こんな国は初めだ」と大変驚いていた。確かにそんな感想を持つのが普通なのだろう。


    グローバル化が、、、と上の方では言っていても、日本のグローバル化はそう進まないと思う。たとえば日本の田舎町でも黒人やインド人、イスラミックがぞろぞろいて、街に夕方になるとコーランが流れる状態を想像してみよう。日本人はそれを受け入れられるだろうか?



    グローバル化を進めるという事はその負の部分もセットで受け入れる覚悟が必要になる。
    おそらく難しく、結局グローバルの波には乗らない事になるのだろう。

    dp70.jpg
    町中にあるモスク。夕方にはコーランが大音量で流れる。


    空港まで車で送ってくれたクリスティーヌが、「中国は怖い!」と突然言い始めた。You Tubeにアップされた、中国人が道で倒れた少女を救わなかった話。世界の果てまで届いていて中国人の激しいイメージダウンになっている。日本のテレビでも大きく扱われているだろうか?



    dp46.jpg

    世界の果てでも働くキティーちゃん。

    dp24.jpg
    オレンジ色の花びらのように見えるのは実は額。花は真ん中にある小さな白いのが花。


    dp23.jpg

    レユニオンで大きなプール付きの別荘はいかがでしょう?
    僕たちが今回借りたハウスは約10名が暮らせてプール付き、ビーチ沿い。
    フェスティバルの主宰者の持ち家で、フェスティバル期間中はゲストの滞在の宿として使用しているとの事。
    関連記事

    テーマ : 日記
    ジャンル : 日記

    2011-11-30 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    オフオフ

    一日スケジュールをずらして、僕は一人、サンドニの街に残った。

    今日はバスに乗って中心に行ってみた。

    dp30.jpg

    1ユーロでバス乗り場近くでチケット購入。

    dp34.jpg

    dp21.jpg


    サンド二の市庁舎


    そろそろ飛行場に行く時間になったので続きは パリの乗り換えの シャルルドゴールで書きます。

    今日は少し涼しく34度くらいだったけど、パリは最低気温3度らしい!!!!


    手とか背中が日焼けでチリチリするが、それも今日で終わり、ギリシャは少しパリより暖かいかな?



    関連記事

    テーマ : 日記
    ジャンル : 日記

    2011-11-28 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    Reunion-Paris-Athens

    dp2.jpg




    出発前にちょっと記念のスナップを。山海塾主宰の天児牛大さん。紫綬褒章受賞おめでとうございます!!


    dp4.jpg


    dp5.jpg


    お世話になりました。



    dp6.jpg


    dp7.jpg


    dp8.jpg

    次の街アテネにパリ経由で移動。

    ピエールとはここでお別れ、彼はマネージメントする他のカンパニーとヨーロッパで合流の予定。
    「次はリヨン国立オペラハウスでの新作制作だね!!」オールヴォワール

    関連記事

    テーマ : アート・デザイン
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    2011-11-28 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    オフ

    昨日公演が終了し、時間があったのでピエールが提案し、今日は滝の見物に。
    フランス人はヴァカンスのことなら、もう命がけだ!!

    まあ僕らもそれに仕方なく??おつきあい??



    lf22.jpg

    lf23.jpg


    照明のベル君の稽古? 何の?  わかりますね。山海塾ファンの方なら。彼はどこを目指しているのだろう??



    lf24.jpg
    つばさ君は閉めきりをホッッポラかして泳いでる訳じゃないんです。
    おつきあいなんで本当に仕方なく。

    朝、ピエールが、ハウスの近く、ホンの10分の所に水がある良さげな場所があるから行こうというので、みんなで出かけた。

    lf25.jpg
    巨大アロエ

    車を止め、崖をおりて行く。


    lf33.jpg


    どんどんおりて行くと水の音が聞こえて来た。
    道はどんどん細くなり、人がすれ違えなくなる。

    lf31.jpg


    左右ともに小川。バランスを崩すと落ちてしまう。
    道がほとんど崩れて、飛び移らないとだめな細い場所も、、、
    日本だったら絶対立ち入り禁止だな。

    すると目の前に滝が!!

    lf26.jpg


    lf28.jpg


    灼熱の空気がそこでは冷やされ、滝からの冷気が寒いくらい!!

    lf27.jpg

    水は冷たいが泳げる。

    lf29.jpg

    うふふこれは何をしているところでしょう?テクニシャン達も混じって、、、、山海塾ファンなら必ずわかる。


    lf30.jpg

    もうご満悦のムッシュ、ピエールバルニエ



    関連記事

    テーマ : 日記
    ジャンル : 日記

    2011-11-28 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    劇場の周辺を散歩

    lf8.jpg

    公演開始まで時間があったので劇場の周辺を散歩して来た。


    lf9.jpg

    フランス文化圏だ。日陰でペタンクをする親父達。ペタンクは、土の上で行うカーリングのようなもの。
    コショネ(子豚)と呼ばれる小さなコルクを投げ、それに砲丸投げの玉のような鉄のボールを投げ、コショネに一番近い人が勝ち、というゲーム

    lf12.jpg


    lf11.jpg


    公園


    lf20.jpg

    寺院

    lf17.jpg

    地ビール ブルボンを売ってるバー フランスのTABACみたいなもの。

    lf18.jpg

    クリスマスのサンタさん、暑そう!!!

    lf19.jpg

    この何でもありの感じ、クレオール文化?真ん中が招き猫。手がちゃんと動いていた。

    lf15.jpg


    lf14.jpg

    お昼にはトローリングに出かけていた船が帰ってくる港

    lf16.jpg

    浜辺でとる昼食。鴨肉のグリルと野菜をムースにした暖かいカクテル。
    絶品だった。

    lf41.jpg

    lf40.jpg

    ヒルヤモリとのツーショット二景
    働く大和撫子宮崎と森田社長とヤモリ



    関連記事

    テーマ : 日記
    ジャンル : 日記

    2011-11-28 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    まもなくギリシャに

    lf5.jpg

    26日夜、アフリカレユニオンでの山海塾最終公演。

    本日の”うつし”、劇場の見切れ席まで客席はコンプリ。

    フェスティバル企画の最終日、最後の公演となり、劇場は大変な盛り上がり。終演後は劇場前の庭に仮設のバーが作られパーティーが催された。


    lf44.jpg


    lf45.jpg

    lf21.jpg

    lf2.jpg


    ドライバーのシンちゃん。(本名はジル)物静かなこの島生まれのインド人。ほんとに静かな物腰で、静かにしゃべるのだが、レゲエのコンサートを年に3回以上企画して、ヘビーメタルも大好き。アイアンメイデンを島に呼んだ事もあるとの事。

    lf4.jpg

    ピエールと劇場関係者。20年来の知り合いだとピエールは言う。



    lf7.jpg

    本番前の会場ロビーで行われていたイベント。踊っているダンサーよりそれをビデオ撮影している人たちの方が目立っていた??何のイベント??





    関連記事
    2011-11-27 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    ULM

    空を飛んできました。

    朝五時半ホテルロビー集合。

    僕と、天児、ピエール、そしてベル君の4名で

    fl1.jpg

    二人乗り飛行機ULM、僕の飛行機はパイロットと後ろにタンデムで乗るタイプ。

    滞在しているサンジルの街から車で20分の所にある飛行場。
    まずは書類にサインを。フランス語で書いてるけど、自己責任で、、、みたいな内容だろう。
    待ち合いのコテージでエスプレッソを飲んだら早速出発。

    パイロットは手で翼をひょいと押して、滑走路まで飛行機を出す。

    fl2.jpg





    あっという間に離陸し

    fl3.jpg


    足下に飛行場が

    fl4.jpg

    fl80.jpg


    fl5.jpg

    あの峰方向を目指す予定

    滝の上を飛び、人の入れない森を越え、あっという間に雲の上に。

    fl54.jpg

    ほぼ全身むき出しの飛行機で3000メートルまで上昇する予定だとパイロットは言う。

    fl6.jpg

    切り立った峰を越えて


    fl53.jpg


    森と滝を越えると火山の噴火口が見えて来た

    fl15.jpg

    右下に噴煙の上がるのが見える


    fl18.jpg


    fl58.jpg


    fl10.jpg


    fl27.jpg

    そして高度3000メートル

    fl62.jpg



    山頂でキャンプしているパーティーを2組発見。

    トレッキングが趣味の人には最高の島だろう。

    fl23.jpg


    そして後半は一緒に飛んでいるベル君、ピエールの飛行機とタンデム飛行

    fl29.jpg


    それも左右のアクリルの壁を全開にしてくれるので完全に体がむき出しに。

    猛烈に寒い!!!

    fl69.jpg

    fl32.jpg

    高所恐怖症の人にはお勧めできません。という事は僕は高所恐怖症ではないようだ。


    切り立った壁にトレッキング用の人の歩ける細い道が上空から見える。


    fl33.jpg



    fl24.jpg

    fl68.jpg


    無事着陸。着陸寸前、海の中でイルカが3頭泳いでいるのが上空から見えた。



    fl37.jpg



    fl36.jpg


    ジュールヴェルヌの小説にでてくるような空飛ぶ乗り物。これこそ完全に体むき出しなので、防寒用ジャケットを着て離陸準備中。




    fl71.jpg

    約一時間のフライト。夜明けとともに出発し、空気が暖まり上昇気流が生じ、山に雲がかかり始める前に終了。朝数時間しかこのフライトは行われていないとの事。

    フライトの感想を書くノートに日本語で感想を書いて来た。


    関連記事

    テーマ : 日記
    ジャンル : 日記

    2011-11-26 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    バンガローライフ

    朝起きて

    pd22.jpg

    メールをチェックしながら朝食をとっていると

    遊びにくるヒルヤモリ

    pd24.jpg

    浜辺沿いの道を歩き、ダンサー達のいるヴァンガローに行く。

    pd20.jpg




    pd16.jpg




    pd25.jpg


    プールサイドのハンモックでくつろぎ

    pd26.jpg


    pd30.jpg

    マンゴーの木に登ってマンゴーを落とす、竹内さん

    pd31.jpg

    朝食のスパゲッティーを作って食べる松岡さん。多すぎない??

    pd34.jpg


    間もなく劇場に出かけます。
    朝のくつろぎのひととき。


    関連記事

    テーマ : 雑記
    ジャンル : 日記

    2011-11-25 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    パラダイス

    今日はマネージャーのピエールが風邪を引いて少し具合が悪く、昼過ぎにホテルにいったん帰るというので一緒に帰って来た。

    そしてその後、ホテル周辺をゆっくり散歩してみる。

    pd8.jpg

    浜辺で、買って来たサンドイッチプーレとハイネケンを飲みながら書いている。

    近所のアンポルテのパン屋のバゲット、もうめちゃめちゃにおいしい!!ぱりぱり感は最高!

    土産にレユニオンの名産ヴァニラを買ってみた。なんだか黒い長細く薄っぺらい棒のようなものが袋に入っている。


    pd4.jpg

    これがヴァニラ??
    よくわからないがあのヴァニラアイスの元なんだな?

    そしてマーケットを出ると虹が。


    pd6.jpg
    虹の始まるところが、両方ともに見えた。
    こんな風に見えるのは生まれて初めてだ。
    目の前の丘の中腹あたりから虹がぼんやりと始まっているがわかる。

    pd7.jpg


    そして、浜辺で夕日がインド洋に沈むのを眺めている。
    水平線の数百キロ?数千キロ?向こうにはマダガスカル島があり、アフリカ大陸がある。
    水平線は水平ではない。左右がどう見ても丸く歪んでいる。地球は丸い。


    pd5.jpg

    今気づいたのだが海と空の境界線は少し濃く細く黒い輪郭線があり、それはつるっとした楕円の孤を描かず、
    ギザギザになっている。水の表面がでこぼこに見える。波のせいなのだろうか?
    小さな入道雲のようなものが水平線の少し上空に浮かんでいる。

    pd2.jpg


    なんという空間と時間の流れ方だろう。

    地球がゆっくり動いているのが見える。
    今いるのは島の西海岸だが、東海岸に行くと間もなく星が水平線から昇ってくる瞬間が見えるようになるだろう。


    pd3.jpg

    隣でギターを持った青年がレゲエを弾いている。少しうるさく日没を迎える瞬間には似合わない気がするがまあ許そう。

    太陽が沈んだ。


    pd9.jpg





    関連記事

    テーマ : 雑記
    ジャンル : 日記

    2011-11-25 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    サンドニ公演準備中2

    さて仕込み開始。

    reutsushi16.jpg

    劇場のキャパシティーは世田谷パブリックシアターより多く、パリ市立劇場よりは少し少ないくらい。
    芝居、ダンス通のあなたならわかりますね、だいたいこの感じ。



    reutsushi20.jpg


    reutsushi26.jpg

    こちらのダンス雑誌。

    大きく扱われていたのが、ヴィムヴェンダースが撮影したピナの3D映画

    reutsushi28.jpg

    そして山海塾。

    reutsushi29.jpg


    明日から2日間公演。

    そして公演終了後には、2人乗りの超小型セスナで火山やクジラの上空を飛ぶツアーが待っているらしい!!


    関連記事

    テーマ : アート・デザイン
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    2011-11-24 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    サンドニ公演準備スタート

    今日からは島の西にあたる、空港に近い島最大の街サンドニでの公演準備となる。

    reutsushi4.jpg


    花の咲き乱れるバンガローを午前8時に出勤。


    reutsushi5.jpg


    まずサバンナ地帯を抜け

    reutsushi11.jpg

    ジャングルを抜け

    reutsushi14.jpg


    谷を越え


    reutsushi12.jpg


    切り立つ崖沿いの道を走る事約一時間

    reutsushi25.jpg
    reutsushi21.jpg

    仕事場到着。

    Total Danseという ダンスフェスティバルの企画する公演だ。


    reutsushi30.jpg

    関連記事

    テーマ : アート・デザイン
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    2011-11-24 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    レユニオン公演 

    reutsushi1.jpg

    無事山海塾にとって初めての公演場所であるアフリカ、フランス領、レユニオン島、Le Tamponでの公演は昨晩無事終了した。

    約600席の劇場はほぼ満席となり、舞踏というものを初めて見る人たちだったが、各シーンの合間合間に盛大な拍手がわき上がり、皆さん大変楽しまれたようだ。

    アンコールもブラボーが自然とわき上がり、(自然かどうかすぐわかりますよね)ラテンの国の最大の盛り上がり方だった。

    reutsushi.jpg

    今回の”うつし”という作品は過去約30年間にわたり制作した作品の中から代表的なシーンを再構築し、作られた作品。そして各シーンが少しずつデフォルメされている。これは現在公演ごとに少しずつ形を変えて、リニューアルしつつ完成を目指している。恐らく北九州ではまた舞台装置を今回のものとは異なるものになる予定である。
    この写真の舞台は今回限りのものになりそうなので、参考までに資料としてアップしておいた。


    reutsushi2.jpg

    そして働く大和撫子シリーズ パート2
    働く宮崎さんです



    関連記事

    テーマ : 日記
    ジャンル : 日記

    2011-11-24 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    レユニオン2

    レユニオン公演開始。

    こんな感じのところに滞在中。

    reuni1.jpg

    今日メールで、筑波大学の後輩になる(こういう時って早く生まれたら得だね)ダンサーの平山素子さんから、遠くブカレストでの公演のご案内をいただきましたのでご紹介を。

    http://www.danceforjapan.ro/

    彼女は
    ルーマニア人ダンサーRazvan Maziluとの新作デュオ
    ”REQUIEM You don't know anything about me”
    を発表する目的で現在招待されています。
    この公演は日本で地震や津波の被害にあわれた方への援助のために開催されます。
    約2週間弱ブカレストで滞在し、クリエィションし、間もなく公演が始まる予定です。

    日本でも上演の機会があればいいですね。ぜひ観てみたいです。




    さてこちらは劇場までの移動はものすごい崖の道を越え、うねった火山の道を越えたところにある、こんな劇場での公演。


    reuni12.jpg

    reuni17.jpg

    reuni14.jpg

    エアコンを効かせた車の中で汗がだらだら出で体がほてるので、風邪でもひいて病気になったかと思ったのだが、車内の温度計を観ると36度。そりゃそうだ。日がさすとエアコンが効かない。
    暑くてたまりません。

    2日前は極寒の南フランスでの公演だったので、ダンサーはこの気温変化の適応に大変!!!!

    reuni7.jpg


    しかし少し日が陰ると楽園だなあ、ここは。


    reuni16.jpg

    reuni2.jpg


    ダンサー達のかりているバンガローの庭にあるマンゴーの木。毎朝フレッシュなマンゴーが落ちて来て、食べられる。

    reuni9.jpg


    reuni5.jpg


    紫色やオレンジ色の花が咲き乱れ、道を歩いていると花びらが舞い落ちてくる。
    ニューヨークの劇場だと、外から聞こえてくるのは車のノイズや地下鉄のモーター音だが
    リハーサル中の劇場の外からは、鳥の声が聞こえてくる。

    一瞬あれ、こんなSE、使ったかな??と勘違いしたくらい。


    それにしても1980年パリからスタートした山海塾ワールドツアーだが、今回は今までで、日本から最も遠い国での公演となった。


    楽屋では、いよいよ来秋、フランスの国立オペラハウス、コプロデュースによる山海塾新作の打ち合わせもマネージャーのピエールと開始されている。




    そして無事初日終了。凄い盛り上がりの会場でした。



    今ホテルに帰って来たところで、ブログ更新中。

    星空を見上げると、オリオン座が日本でみるのと逆さまに見えるのに感動!!南半球です。



    関連記事
    2011-11-23 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop
    ホーム  次のページ »

    ブロとも一覧

    カレンダー

    10 | 2011/11 | 12
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR
    ヤプーズ計画 LIVE&CLIP+2 [DVD]ヤプーズ計画 LIVE&CLIP+2 [DVD]
    (2002/12/04)
    ヤプーズ

    商品詳細を見る
    ヤプーズ計画(紙ジャケット仕様)ヤプーズ計画(紙ジャケット仕様)
    (2012/10/24)
    ヤプーズ

    商品詳細を見る
    蛹化(むし)の女~蜷川実花セレクション蛹化(むし)の女~蜷川実花セレクション
    (2012/07/25)
    戸川純、ヤプーズ他

    商品詳細を見る
    極東慰安唱歌(紙ジャケット仕様)極東慰安唱歌(紙ジャケット仕様)
    (2011/05/11)
    戸川純ユニット

    商品詳細を見る
    TOUR-LIVE ’85~’86 [DVD]TOUR-LIVE ’85~’86 [DVD]
    (2006/02/22)
    戸川純とヤプーズ

    商品詳細を見る