FC2ブログ

    アンパンマン30周年!!「それいけドリーミング」まもなく発売です!!

    今年はアンパンマン30周年。
    そしてアンパンマンのオリジナルシンガーのドリーミングさん
    デビュー30周年。
    I just finished work for ANPANMAN 30 years anniversary album
    with original singer "Dreaming".
    Here I upload photos from the recording session.


    VAPのこちらのオフィシャル、アンパンマンDVD&CDガイドでも予約購入できる
    それいけ!ドリーミング〜30th Anniversary Album~
    を現在制作しています。
    2019年1月9日発売予定!!

    dreaming201807.jpg 
    アルバムの詳細情報はこちらにも→

    dreaming201805.jpg 
    日本テレビの練習室で仮歌を録音しました。

    avaco201802.jpg 
    avaco201803.jpg 
    AVACOスタジオで矢野小百合さんのチームVn10名Vla2名Vc2名の計14名でストリングスパートを録音。
    矢野さんは最近、NHKのうたコンに毎週出演中!

    今年の夏前からデモを作り、徐々にかたちができ、
    歌詞を何度もやりとりし、仮歌をお二人に入れていただきながら
    先月は歌入れ、ナレーション録音を行いミックス。
    一昨日マスタリングが行われました。

    ドリーミングのお二人の作ったオリジナルストーリーを元に、ミュージカル形式で曲を作っていき
    歌有り、お話有り、のとても楽しい曲に仕上がりました!
    虹のティアラ、ミュージカルパートは8分程度のストーリーの中に、歌とBGMが8曲。
    そして5分程度ある虹のティアラテーマソングの「夢から覚めて」
    この曲は、とても、とても凝った作りになっています。

    ミュージカルパートのナレーション担当は風の谷のナウシカの「ナウシカ」、島本須美さん。
    ナレーション録音のオペレーション、僕自身で行ったので、ナウシカとトークバックでやりとりするのに、ちょっと緊張してしまいました(^-^;

    dreaming201801.jpg 
    マイクプリアンプはGRACE Design m801
    オーディオコンバータはApplo8pとapollo twinを使用。

    今回は知り合いのボイストレーナーの阿部あかねさんのスタジオVoiceLabをお借りして
    そこにパーテーションを自作し、吸音材などを設置し、ボーカルブースを作り歌録音を行いました。

    dreaming201803.jpg 
    dreaming201802.jpg 
    マイクは弊社所有のBLUE Bottle カプセルはB6。
    Made in LATVIAの最初期のもの。(現在は中国製造になってしまったため、この最初期バージョンのマイクはプレミアついてるらしいです。)

    僕の機材を持ち込んで録音を行ったので、一般のレコーディングスタジオのように時間を気にして録音する必要が無く、まるまる3日間かけて歌入れを行いました。

    テイクも山ほど残しながら、お二人の、のどの状態を考慮しつつ、もっとも表情のいいベストテイクをワンテイクOKテイクとして残せるまで、様々なアプローチを行いつつ、歌入れを行いました。
    歌の流れを大切にしたかったので基本切り貼りせず、どの曲も残したのはOKテイク、ワンテイクのみ。
    「夢から覚めて」という曲はとても複雑な曲でしたが、お二人の掛け合わせやハーモニー、ふたごのシンガーならではの、絶妙な感じが録音できて、テクニック的にも、すごい完成度の曲になりました。
    合唱曲にアレンジしてみようかな?

    gasshou.jpg 
    レコーディング中に子供の合唱も入れたいという要望が出てきたため、前回25周年記念アルバムの時にもお世話になった、佐倉ジュニア合唱団の皆さんに合唱をお願いしました。

    小ネタですが、前回の25周年記念アルバム制作の時はTSスタジオのエンジニア、Sくんがプロツールスのペンシルで波形を一つ一つ修正していたリップノイズ除去作業。
    今回はiZotopeのノイズ除去専用ソフトRX7でやってみました。色々設定を試すとあらら不思議!ワンクリック数十秒で、細かなリップノイズが完璧にとれました。特にこのBLUEのマイク、とても感度が良くリップノイズがのりやすいので、
    簡単に処理できて助かりました。

    dreaming201804.jpg 
    ドリーミングのお二人と、VAPの踊さん。

    一昨日マスタリングも終わったので、後はリリースを楽しみに!と打ち上げもね!!

    ということで今年の大きな仕事は一昨日で一段落したのですが、すでに2019年春の山海塾新作制作に向けて
    加古隆さんのピアノ曲のオーケストレーションアレンジ作業スタートしています。
    次のブログは北九州とパリからかな?

    北九州芸術劇場の公演チケット情報はこちら   
    パリ、テアトルドゥシャンゼリゼの公演チケット情報はこちら

    関連記事
    2018-12-08 : 音楽 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    バミューダトライアングル ~カラフル・パストラーレ~ 音楽制作

    Bermuda2018.jpg 

    2019年1月より放送予定のアニメ
    「バミューダトライアングル ~カラフル・パストラーレ~」
    の音楽プロデュース、オーケストレーションを行っています。

    ブシロードさんのカードゲーム「ヴァンガード」からのスピンオフストーリーです。

    ストーリーはマーメイドの世界のお話なのですが
    途中、古い映画館にある映写機を修理して、懐かしいフィルムが上映されたりするシーンがあるので
    懐かしい映画のサウンドトラックの雰囲気を再現するのに苦労しました。

    放送予定の詳細情報はこちらのWEBをご覧ください→

    avaco201802.jpg 

    avaco201801.jpg 

    ストリングスはいつもお願いしている矢野小百合さんのチーム。
    スタジオAVACOでレコーディング。
    今回は

    score201801.jpg 

    4センチくらいの譜面になりました。
    まだ制作中の曲も1〜2曲ありますが、ほぼ完成!!

    放送が楽しみです!!!!1

    今回のマイキング

    avaco201804.jpg 

    avaco201805.jpg

    オンマイクをストリングスのチーム
    1stVn6名
    2ndVn4名
    Vla2名
    Vc2名
    それぞれにオンマイク

    そしてDECCA Treeに3本のマイク

    ステレオでオフマイク

    うまく混ぜストリングスの音を作りました。
    DECCA Treeはかなり強力で、うまく混じり合った、定位感のない
    溶け込むビロードのような雰囲気のストリングスを。

    それとオンマイクのバランスを、曲によって使い分けました。




    関連記事
    2018-12-08 : 音楽 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    まだまだ作曲中 山海塾北九州公演のお知らせ

    まだまだ作曲中 山海塾北九州公演のお知らせです。


    kitakyu.jpg

    まだまだ作曲中ですが、来春の山海塾新作公演のお知らせが
    こちらの→北九州芸術劇場のWEBで情報公開されました。

    そうか3月には新作ですね。

    今年の初めには、もっと時間があって、全然違う事をしようかなと考えていましたが、5月の連休以後はひたすら曲を作り続ける日々で、しかしそれも、後1月でほぼ終了。

    早稲田AVACOスタジオでストリングスを録音して、歌を入れてミックスしてと、まだまだ作業が残っていますが11月には一段落して、海外2都市にツアーに行って
    実は数ヶ月前から計画を立てていた新しい映像企画を進め
    来春にはパリで新作公演にいって、その後ニューヨークに撮影に行って。


    今年からはじめた水泳は、クロールは結構できるようになったので来月から平泳ぎに挑戦。
    といっても週に3〜4回、夜中にプールに行って一時間くらい600〜800メートル泳いでるので
    本当に亀の歩みのようにではですが、少しずつ進歩しているのですが、どこかでブレイクスルーして突然何キロも続けて泳げるようにならないかと思うのですが、そんなことはなく。
    だけど一年前と比べると、かなり進歩している。

    というあまりブログネタになるようなことは起こらず、結構淡々と作曲の日々です。


    ああ、そういえば、AMAZONオリジナル プライムビデオのPKディック原作のSFドラマにすこしはまっています。仕事の合間の休憩に。さすがに地上波のテレビを観ることが無くなって
    NetFlixかAMAZONプライムビデオを観てるのですが、どちらも海外で制作されたオリジナルドラマが結構お金かけて作っていて面白いです。

    時価総額では、世界のメディア全部あわせたよりもAMAZONやNetFlixのほうが、でかくなったそうで、それは面白い映像作品をつくれるはずだと。

    そうそう山海塾映像作品もAMAZONプライムビデオで世界中で観れるように、今年中にする予定。
    乞うご期待!!

    関連記事
    2018-09-27 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    山海塾パリ公演2019

    西日本を中心とした大雨により被害に遭われた地域の
    皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

    山海塾パリ公演2019年のスケジュールが公開されました。
    2019年4月29日スタートです。

    こちらのTHEATRE DES CHAMPS-ELYSEESのWEBサイトに詳細が載っています。
    今週はピナバウシュが上演中。
    パリオペラ座のようなクラシックではない、現代の舞踊舞踏作品を上演する劇場では世界最高峰。
    tdvp16.jpg 
    今まで約30年間上演してきたパリ市立劇場ですが、今回は現在内装工事中のため、パリ初演は
    THEATRE DES CHAMPS-ELYSEESでの上演となります。

    tdv16_008.jpg 
    パリ市立劇場と言えば
    1927年5月30日初演
    オペラ=オラトリオ「エディプス王」作曲:ストラヴィンスキー
    1927年6月2日
    「メルキュール」作曲エリックサティ 装置衣裳:パブロピカソ
    などの作品が初演されている劇場。

    tdv16_010.jpg 
    市立劇場向かいのコンシェルジェリ、此処にはかつてマリーアントワネットが幽閉されていました。

    reher102.jpg 

    rehe10r.jpg    
    市立劇場の稽古場。クーポール(丸天井)と呼ばれている。
    本番と同じサイズの舞台が、丸天井のある劇場の最上階にある。
    tdv3.jpg 

    tdvp6.jpg 
    19歳の頃から劇場で仕事をするようになったが、日常ではない、普段数百人、数千人の人が入るための空間を独り占めして、一人で仕事していると、なんて贅沢なことだと思う。
    と同時に、パリ市立劇場クーポールの稽古場で、100年前、確実に同じ場所でストラビンスキー、パブロピカソ、エリックサティが作品初演に向けて作品を作り、稽古をやっていたかと思うと、その場所の力というかパワーを感じる。
    まさにその場所での作品作りの機会を、与え、支えていただいたフランスの文化芸術関係者の方々、特にパリ市民に感謝したい。

    そして2019年に制作する新作初演予定の劇場THEATRE DES CHAMPS-ELYSEESはストラビンスキーの歴史的名作「春の祭典」がそのシャンゼリゼ劇場完成の、こけら落としとして初演された劇場。
    その劇場で新作初演ができるなんて、来春がとても楽しみです。
    山海塾ファンの皆さん、パリ、シャンゼリゼ劇場で山海塾作品を観れるなんて、もの凄い出来事だと思いますので、お時間あるかたは是非パリまで起こし下さい!!!!!

    tdv16_16.jpg 

    umusunaparis2.jpg 


    関連記事
    2018-07-05 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    山海塾東京公演、ご来場ありがとうございました!

    山海塾東京公演、ご来場ありがとうございました!

    5月からずっと旅、仕事、旅、仕事で、公演終了後、3日間、爆睡しました。
    旅の後半はさすがに腰が痛くなるやら、右手が痛くなるやら。体の限界に近い感じで
    さすがにこんなに仕事もって、地球上をくるくる回るのは、やるもんじゃないなと思ってしまいました。

    さて世田谷パブリックシアター公演、無事終わり、パフォーマンストークもおかげさまでうまくいきました。5日間とも連日満席で、ご来場の皆様ありがとうございました。
    talk20183.jpg 

    talk20181.jpg 

    talk20182.jpg
    坪池栄子(編集プロデューサー)さん、蝉丸と初めてパリに挑戦した頃の、初期(僕が19歳ころ)の話をさせていただきました。初めてのワールドツアーの話は僕の著書「オピネルと孔雀の日」に書いていますので、ご興味のあるかたはぜひお読みください。
    近々kindle版もリリース予定です。

    それにしても今回初めてSONYα9というカメラで舞台を撮影したのですが、映像の技術革新!!
    凄いことになっていますね。
    下の写真、客入れの状態です。ISOを最大(100000)まであげています。肉眼では全体がうす暗く、舞台奥に斜めに薄っすらとスポットライトが当たっている状態なのですが、ここまで明るく写ります。
    kyakuire.jpg 
    ちなみに真ん中に映っていらっしゃる女性の方は毎回の山海塾公演にいらっしゃる、フリーアナウンサー、タレントのEKさんです。
    kinkan20185.jpg 
    このショット金柑少年の冒頭。肉眼では微かにしか見えていないソロのシーン。

    kinkan20186.jpg 

    kinkan20182.jpg 

    kinkan20184.jpg 
    このブルーのシーンも肉眼ではほとんど見えていない。

    kinkan20183.jpg 

    kinkan201811.jpg 

    kinkan20181.jpg 

    卵熱
    unetsuSPT08.jpg 

    unetsuSPT04.jpg 

    unetsuSPT07.jpg 

    unetsuSPT05.jpg 

    unetsuSPT09.jpg 

    下の写真。上が新規導入のsonyα9(世田谷パブリックシアター)
    下が今まで使用していたpanasonicGH5(北九州芸術劇場)で撮影。
    unetsuSPT1.jpg 

    unetsuSPT2.jpg

    ここまで暗い部分の表現力に差が出て、またダイナミックレンジも広いのに、ソニーの新しいカメラに驚かされた。

    と同時に、映像の世界。まだまだ進化と技術革新の余地が残されて進化してるなあと思った。
    近々次の作品から各地で撮影する用のカメラをソニーFS5Ⅱに買い換えようかなと思っている。
    と同時に可能なことがもの凄く広がってくるし、LOGで撮影するとか、RAWで撮影するとか、
    と同時に編集のカラーコレクションもダビンチリゾルブなんかを使う必要が出てくるのかなあと思うし。

    という事で今年は映像のスクールに通って基礎的なことから高度な編集まで勉強しようかな!
    と思っている。(さっそく資料取り寄せました)

    今月はアーティストの歌物のアルバムの制作に入って今週からオーケストラアレンジをやっているのと、今月末からは年明け放送開始、地上波のテレビアニメシリーズの曲、40曲制作という仕事があるので、時間のやりくりが大変そうだけど、ま、なんとかなるでしょう。
    関連記事
    2018-06-09 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    ASPAC Opening Ceremony


    ニューヨークから帰ってきた翌日、そのまま鹿児島入り。
    ASPACという世界の青年会議所が集まって国際交流のイベントを行う国際会議のオープニングセレモニーに向かいました。
    (オープニングセレモニーのための音楽を作曲、制作したのですが、とても複雑な演出があり、その調整のため)
    ヨーロッパ、アジア、アフリカ、アメリカ世界数十カ国からの参加者がいらっしゃいました。

    aspac - 1 (10) 

    aspac - 1 (12) 

    aspac - 1 (9) 
    鹿児島の歴史を解説したムービーも挟み込み
    aspac - 1 (13)
    タップダンサーのHIDEBOUさん登場!このスクリーン、超巨大!!
    下に小さく見えるのがステージ上のタップダンサーです。

    aspac - 1 (15) 

    aspac - 1 (14) 

    aspac - 1 (17)
    このあたりは録音した音に、タップダンスと太鼓をあわせて演奏している、最も複雑なパートです。

    aspac - 1 (18) 

    aspac - 1 (20) 

    aspac - 1 (11)

    オープニングセレモニーのための音楽は、山海塾の音楽を長年いっしょに担当している
    Yas-Kazさんがパーカッションパートを作製。
    その上にストリングス、シンセサイザーなどのいわゆる上物を僕が制作して完成させた曲。

    それにさらにHIDEBOUさんという吉本興業所属のタップダンサー(北野武監督の映画に出演しているかた)

    プラス10人ほどのパーカッショングループがいっしょに演奏をし
    さらに会場の巨大スクリーンに投影する映像とライブカメラにライブエフェクトをかけつつシンクロし

    さらに照明もシンクロさせるという手の込んだもの。
    この全パートがすべて完成した状態がそろうというのが、前日のリハーサルが初めて。

    さらに開会式ではAKB48の山本 彩さんが出演し「365日の紙飛行機」が歌われ

    秋篠宮殿下夫妻もご来席されるので、我々はスーツにネクタイ着用との
    ドレスコードあり。


    aspac1 - 1 
    10年ぶりにネクタイしめたのでクク苦しい!!

    結局前日リハーサルでは、録音して前もって作製していた部分と生の部分のシンクロがうまくいかず、リハーサル終了後に手直し。
    翌日リハでは半日かけて部分部分を完成させていき、
    本番前のランスルーで初めてうまく完成。
    そして本番。
    たった2度、完成形が演奏された事になりました。

    aspac - 1 (19) 

    aspac - 1 
    ヨーロッパ、アジア、世界各地から20〜30代の若者達が集まりました。
    台湾からが最も多く、100人近い大集団での参加。

    aspac - 1 (1) 

    aspac - 1 (8) 
    山本彩さんの「365日の紙飛行機」では地元の鹿児島大学付属小学校の生徒さんが出演して願い事を書いた紙飛行機を飛ばしました。

    aspac - 1 (6) 
    秋篠宮殿下ご夫妻がいらっしゃいました。
    皇室の出席されるイベントというと、確か国民体育大会四国大会、インターハイ四国大会の開会式の音楽作曲に続いて、おそらく僕の人生で3回目の事だと思います。
    光栄なことです。
    また、鹿児島県知事はじめ多くの来賓のかたのご挨拶がありました。
    翌5月25日の正午のNHK全国ニュースで、オープニングセレモニーの様子が伝えられました。

    aspac - 1 (7) 
    せっかくなので桜島観光してきました。

    ということで2週間ほど旅が続きましたが、落ち着くまもなく、いよいよ明後日から山海塾の世田谷パブリックシアター公演がスタートします。
    皆様のご来場お待ちしています!!!!

    関連記事
    2018-05-28 : 音楽 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    USA 卒業式

    2週間前の16日に出発してアメリカ西海岸、東海岸と旅し、途中帰国直後のイベントで使用する音楽ファイルを作成しつつ、さらに頼まれた曲のブラスアレンジを進めつつ、息子の大学の卒業式に出席してきました。
    sfo180 - 1 (2)
    ゴールデンゲイトブリッジ
    多分ここに来るのは10回目くらいだが、以前はなかった土産物売り場などが整備されていた。

    sfo180 - 1 (1) 
    美術館
    2日ほどサンフランシスコに滞在し、デトロイト経由でニューヨークイサカに
    sfo180 - 1 (3) 
    デトロイト空港って飛行場の待合ロビーの中を電車が走っていた!


    ithaca18 - 1 (1) 
    途中、仕事を持って移動していたのですが、移動用のセットを最近新調し
    オーディオコンバータはUADのARROWこれはもの凄く便利。電源いらずTB3のケーブルをつなぐだけでOKなので、特に時間のないちょっとした合間に作業するのによかった。
    あと今までは2テラバイトのハードディスクで持ち歩いていた楽器のデータ(VSTinstと言いますが)
    これをSAMSUNGのportableSSD T5に。これもUSB TypeCケーブルでつなぐだけ。
    キーボードは不動のAKAI、LPK25。モニターはSUREのSE846.
    圧倒的に軽くて便利になりました。
    あと超おすすめなのが、AMAZON Basicsのマウス。MIDI編集するときは、とにかくマウスの作業が大半になるので一グラムでも軽いのが良いのです。今セール特価で598円になっているけど、もうこのマウス使ったら他のに変えられません。抜群の軽さ!!

    sfo180 - 1 (4) 
    卒業式の前夜祭のコンサート。バーンスタインのプログラムから。
    sfo180 - 1 (5)
    会場中央に100人規模のフルオケ。
    ithaca18 - 1 

    sfo180 - 1 (6)
    右には100人規模のコーラス。左脇にビッグバンド、その横にパーカッションアンサンブルなど都合4チーム
    300人ほどの演奏者が会場の4カ所に陣取って演奏披露した。
    はっきり言って、プロの耳で聞いて、もの凄くうまかったです。

    sfo180 - 1 (7)
    コンサートが終わると大学のおそらくアメフトのグランドにスプリンクラーで水をまきつつ目の前で花火をばんばん上げる花火大会が。
    ちょっと怖いくらい、うるさかった。

    sfo180 - 1 (8) 
    息子の担当教授ディアナ先生。

    sfo180 - 1 (9)
    卒業式

    sfo180 - 1 (11)
    卒業証書をもらって。コミュニケーション学部シネマフォトグラフ学科を無事卒業しました。
    通っていたクラスの建物の前で。

    sfo180 - 1 (10)
    やっぱり最後に帽子を投げるんですね。映画のワンシーンのようでした。
    みんな帽子の上の部分に派手なイラスト描いたり、個性的でした。


    ところでウーバー凄いことになっていますね。

    日本でも一刻も早く広まってほしいです。スマホで行き先を入力すると、瞬時に近くのウーバーの車両が分かり

    数分で目の前まで来てくれ、さらに来る前から料金が分かり。


    利用者が点数をつけるので、変な運転手はいないし。

    中には真っ赤な高級なアウディもあったりしておもしろかったです。


    これほど便利な物が普及しない日本の社会はおかしいです。

    すぐ広めましょう!!

    タクシー運転手は一斉にやめてウーバー運転手になりましょう!!

    と熱くなってしまいましたが、本当にはやく広まってほしいです。

    ということでニューヨークから帰国した翌日鹿児島に向かいました。


    なんかウーバーのくだり、飛行機の中で書いたテキストをコピペしたら行間がおかしくなってしまいました??



    関連記事
    2018-05-28 : 大学 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    山海塾 世田谷パブリックシアター公演

    unetsu1801.jpg

    まもなく山海塾 世田谷パブリックシアター公演が行われます。
    卵熱と金柑少年。
    Hi SANKAI JUKu fans! We will make show UNETSU & KINKAN SHONEN Re-creation
    @Setagaya Public Theater.
    Last day,I will appear on talk show after the performance. See you! at the theater.

    昔からのファンの方々にとっては懐かしく、また新しいファンにとっては、新しい衝撃をうける作品でしょう。

    金柑少年。僕が19歳の時に、この作品で山海塾とピアノトリオで共演し、全国ツアーをいっしょに回りそのまま気がついたらワールドツアーに向け世界に飛び出したきっかけとなった初期の代表作品です。
    (41年前の話です)。

    そして卵熱は作曲家として仕事するようになって、初めて山海塾作品をパリ市立劇場初演作品として制作した、僕が28歳の時の作品。

    まあそれにしても40年以上ワールドツアーを絶え間なく継続している、エンターテインメントの集団て日本に他にいるかなあ?世界レベルでもそうはいないのではないでしょうか?
    記録としてはローリングストーンズに匹敵するか?
    (今年もツアーの予定組まれています。世界各地でお会いできるのを楽しみにしています!)

    確か6月6日にトークショーを頼まれていたので、当時の懐かしい話でもしようかなと思っています。
    皆様劇場でお会いしましょう!ご来場お待ちしております。

    関連記事
    2018-05-11 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    新鮮、水泳用ウォークマン。初めての感覚!!

    sony.jpg

    おかげさまで、60歳。還暦を昨年迎えたのでちょっとゆっくり「年間60ラウンド」!
    ゴルフ三昧と昨年の初めは思っていたのですが。
    あにはからんや。

    常に3っつ以上のプロジェクトが動き続け、さらに来年春頃までにはすでに、テレビシリーズ40~50曲多分2~3ヶ月コース。北九州、パリ市立劇場舞台作品、新作、多分3ヶ月コース、7曲プロデュース、トータルタイム90分。
    アーティストプロデュースもの、1曲20分くらいかなあ、のオーケストラもの。
    さらに自社ものでは山海塾”めぐりDVD”の編集完成、発売、全世界のアマゾンプライムでの販売。
    それに山海塾新作のCD制作販売。
    あと撮影したけれどもまだ編集に至っていない蝉丸ワークショップDVD作製
    と山積み状態で、
    さらに、ちょっとしたすきにも、今はヨーロッパの映像アーティスト、アジアの映像の仕事の細かなものなど
    まあおかげさまで厚木のホームコースのフェアウェイが遠い。
    年会費無駄に払ってる状態。

    そのちょっとした隙を縫って、最近は色々なアーティストのコンペに参加するための曲作ってみたり。

    そして今年から来年にかけて山海塾アジア大陸、ヨーロッパ大陸、アメリカ北米ツアーが組まれつつあり。地球3周くらいする予定で。とりあえず、来月は息子の卒業式でアメリカ、SFO,NYの予定で。
    相変わらず寝てる時以外はずっと机に向かってる状態です、、が

    これは体に悪いと思って実は昨年暮れからはじめたことが!

    水泳。
    最近寝る前、夜11時ごろに1時間ほど泳ぐことにしました。
    水泳は久々だったので、最初去年12月、50メートルほど泳いだら、もう頭クラクラ!!息が上がってしまう状態だったのですが、さすがに3ヶ月、ほぼ毎晩泳いでいたら、あーら不思議。
    結構ぷかぷか浮いて、泳ぐのになれて来ました。今は25メートルを40秒ほどかけてゆっくり、1時間くらい泳いでいます。
    そしてふとプールの周りを見渡すと、何か不思議な物を耳につけてる人がいるのです。
    耳栓??
    もしかしてヘッドフォン??!!

    ググってみると海水でも使える水泳用ウォークマンというのがあるんです!!!
    早速買って試してみました。

    ウォークマン!!最高。ソニー最高!!!

    水面をすいすい泳ぎながら音楽を聴くのって、新しい感覚です!
    2メートル防水なので、プールの底くらいまで潜ってもちょっと音が小さくなるくらい。
    水中を泳ぎながら音楽聞くのって、新鮮!!!!
    それも音楽の転送にはiPhoneの音楽ファイルをヘッドフォンにドラッグ&ドロップすれば良いだけ。
    さすがに水中なんでbluetoothの電波は入らないのですが。

    毎晩ジャミロクワイ聞きながら、プールを泳ぐのを日課にしています。

    おかげで高めで、いつも人間ドックでしかられていた血圧。3ヶ月たったら、上107、下75の正常値になりました。

    ウォークマン聞きながらの水泳。絶対!お勧めです!!!
    関連記事
    2018-04-07 : 音楽 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    AIMILIONアイミライオンAvailableNow!

    AIMI.jpg

    元ステレオポニーのボーカリストAIMIさんのソロアルバムが4月4日リリースされ、ストリングスアレンジメントを担当させていただきました。

    じつは昨年からCWF(コーライティングファーム)という、コーライティングで曲を作るグループに入って、グループの人たち(僕より30歳くらい年下の30代とか20代とか)と共同で作曲する事をするようになったのですが、その中の企画でAIMIさんのアルバム制作があって、
    Facebookで、クラウドファンディングでAIMIさんのアルバム制作費を作ろう!、というニュースがCWF関連で流れてきたので、「これは今風でおもしろいアルバム制作の方法だなあ」、とファンディングに協力していたのです。
    なんとファンディング目標額100万円にはわずか8分で達成。
    さらに最終的には360%ものファンディング額を達成したのです。
    凄いなあ!

    今回縁があって、10曲目の「Sing for you」という曲のストリングスアレンジメントを担当させていただきました。

    ストリングスはいつものメンバー、矢野小百合さんと今井香織さん。
    矢野さんは学生時代から、ずっとお願いしていて、
    気がつくとJUJUさんのレコーディング、ツアーメンバーになっていて、現在ほぼ毎週、NHKの「うたコン」に出演中。
    (サニーデイサービスの曽我部さんのアルバムでも、このお二人に弾いてもらいました)

    アイミライオンの中の曲「FAKE」はAMAZONプライムビデオでリリースされたドラマ「チェイス第一章」のエンドテーマ。詳しくはこちら。

    5月にはタワレコでのライブイベントも行われるようで楽しみですね!!

    ステレオポニーというイメージから、シンプルなロックアルバムかと思っていたのですが?
    (僕の担当した曲はそういう曲だったので)
    ヘビーなロックから、EDM系の曲まで、とてもバラエティーに富んだ曲ばかりで楽しめました。

    あ!「アマゾンのこちらでサンプルが聞けて、買えます」って、書こうとしてリンク先を見たら
    一時的に在庫切れになってる。

    担当の方、すぐAMAZONにCD追加納品お願いします!!!


    関連記事
    2018-04-05 : 音楽 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    Imagine The Future.式典のためのリハーサル中。

    ITF1801.jpg

    itf1805.jpg

    一年経つのも、はやいものですね。今年も卒業式、入学式の時期がやってきました。
    作詞:一倉宏、作曲:吉川洋一郎
    筑波大学メッセージソング「Imagine The Future.」歌披露のためのリハーサルを行っています。

    センターはポールバラードさん。
    (2012年のどじまんTHEワールドの優勝者)そして在学生有志。

    歌唱の指導されるのは阿部あかね先生。(上写真手前)
    阿部先生は、青山テルマさん、クリスハートさん、シシドカフカさん、ミラクルベルマジックさん、村上佳祐さんなどデビュー前や、新人時代から指導している、とても優秀な指導者。

    テニス界の話になるが、大阪なおみさんの優勝にはコーチのサーシャ・バインが寄与したように、優秀な歌手の裏には優秀な指導者の存在がある。
    となっとくの指導で歌が仕上がっていく!!

    itf1803.jpg

    itf1802.jpg 

    itf1806.jpg 
    毎年、筑波大学管弦楽団の伴奏演奏を録音している。

    itf1807.jpg 
    今年はDPAの無指向性マイク4006-TLステレオペアで録音した。

    itf1804.jpg
    明日が最終リハーサルでいよいよあさって卒業式ですね。
    卒業生の皆様おめでとうございます!!!

    そういえばうちの息子も無事ニューヨーク、イサカ大学の卒業が決まって、5月末にニューヨークまで卒業式にいっしょに行くことにしました。
    なんかアメリカの卒業式は凄く特徴的らしいけど、ちょっと楽しみです。

    と僕は週末から山海塾、北九州芸術劇場公演で九州入りです。

    本番では1階PA席の脇でカメラ回してます。今回は6kで撮影予定。
    まあ、記録映像ですが。

    週末、劇場でお会いしましょう!!

    関連記事
    2018-03-21 : 大学 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    山海塾公演「卵を立てることから―卵熱」リ・クリエーション@北九州芸術劇場 

    来月3月25日

    北九州芸術劇場にて「卵を立てることから―卵熱」公演が行われます。

    unetsu.jpg 

    初演から30年の時を経て巡りくる、再生の瞬間ー

    て劇場のWEBにコピーがあったのですが、そうかあれから30年もたったか、、、
    いやこの作品を作っていたのは1985年だから33年経ってるのか、、、
    と感慨深い物が。

    1981年の山海塾メキシコ公演の途中、天児さんに
    「僕は日本で作曲家としてやっていきたいのです」と相談し、いったん山海塾を離れ、そして日本で自分の作品のデモを作りはじめ、
    その4年後にはNHKからテレビ番組の仕事を、次々と依頼されるようになり、再び山海塾に作曲家として参加するようになった初めての、27歳の時の作品。

    買ったばかりのシーケンサーYAMAHAのQX1を使ってこつこつとデータを入力したことを覚えています。当時48万もしたのに、MIDIで8トラックのデータが作れるだけでした。

    久しぶりに「卵熱」のCDを聞き直しましたが、よくまあこんな曲、このマシンで作ったなあと思うような複雑な曲で。
    音も現在は代官山、ゼロスタジオを経営している池田さんが、スタジオを設立する直前、久石譲さんのワンダーシティースタジオから中古で買ったばかりのSTUDER A800のアナログマルチが自宅のマンションにあり、それを使用して録音したのでもの凄くいい音で録音されています。

    1986年パリ市立劇場初演後、日本初演は栃木県の大谷石採掘場跡の巨大な洞窟で行われました。
    NHKの番組、芸術劇場のテレビ中継も入り、確か洞窟の中は寒いので観客用に防寒コートをコシノジュンコさんがオリジナルで制作し。
    確か足下が悪い泥だらけの場所が楽屋になっていて、、、
    その近くに、観客としていらした、山本寛斎さんの巨大なベンツが停まっていて、コシノさん、山口小夜子さん他、蒼々たるたる面々が、泥だらけの楽屋広場にパイプ椅子で座っていて、終演後とても楽しくみんなで話したのを記憶しています。

    当時の様子は弊社で発売しているDVDでご覧いただけます。

    2009年のフェスティバル東京公演を最後に、この作品は上演されてきませんでしたが、今回新たにリクリエーションされることとなりました。

    今回北九州では6kで撮影し、将来東京近郊で上演されるときはクレーン入れてマルチカメラで撮影しようかなと思っています。

    舞台天井から2トン?(これは不確実?)の水と砂が降り注ぐ中でダンサー達の舞う、舞台作品!!
    皆様ぜひお越しください!
    これねえ。自分で言うのもナンですけど、山海塾作品の中でもかなりドラマチックな作品!!山海塾ファンは必見!
    Don't miss it!!
    関連記事
    2018-02-16 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    Imagine The Future.中国語バージョン製作中!!

     筑波大学メッセージソング「Imagine The Future.」
    (作詞:一倉 宏、作曲:吉川洋一郎)
    中国語バージョン製作中!!

    毎週NHK Eテレ「テレビで中国語」放送時間:火曜日23:25〜23:50(再)木曜日6:00〜6:25に出演中の
    中国の国民的歌手AMINさん「Imagine The Future.」中国語バージョンを歌っていただき、PVが大学、芸術専門学群生有志によって編集中です。

    amin2.jpg

    2010年よりスタートした母校、筑波大学ブランディング活動の一環として行われています。
    今までにクリス・ハートさん村上ゆきさんはじめ、ゴン中山さんなどの大学OB,OGに歌っていただいてきたこの曲ですが、今回の中国語バージョン。

    amin3.jpg

    またまた、ものすご〜〜く素敵です。
    AMINさんの伸びやかな美しい歌声。今回はギター弾き語りバージョン。

    日本語、中国語、英語が堪能なAMINさんには是非3ヶ国語の歌唱による学園祭での歌披露とか、そういう場がこのPVのお披露目にあったら素敵だろうなあ!!
    大学広報室の皆様。
    よろしくお願いいたします。


    amin1.jpg

    本当にPVの完成が待ち遠しいですが、
    筑波大学の美しいキャンパスの風景を1年かけてPVに盛り込みたいとのこだわりの製作指導のM教授の意向で、撮影がまだまだ進行している模様です。
    完成楽しみ!!!


    関連記事
    2018-01-22 : 大学 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop
    ホーム  次のページ »

    ブロとも一覧

    カレンダー

    11 | 2018/12 | 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR
    ヤプーズ計画 LIVE&CLIP+2 [DVD]ヤプーズ計画 LIVE&CLIP+2 [DVD]
    (2002/12/04)
    ヤプーズ

    商品詳細を見る
    ヤプーズ計画(紙ジャケット仕様)ヤプーズ計画(紙ジャケット仕様)
    (2012/10/24)
    ヤプーズ

    商品詳細を見る
    蛹化(むし)の女~蜷川実花セレクション蛹化(むし)の女~蜷川実花セレクション
    (2012/07/25)
    戸川純、ヤプーズ他

    商品詳細を見る
    極東慰安唱歌(紙ジャケット仕様)極東慰安唱歌(紙ジャケット仕様)
    (2011/05/11)
    戸川純ユニット

    商品詳細を見る
    TOUR-LIVE ’85~’86 [DVD]TOUR-LIVE ’85~’86 [DVD]
    (2006/02/22)
    戸川純とヤプーズ

    商品詳細を見る