「MEGURI/Sankai Juku」絶賛編集中

    「MEGUR/Sankai JukuI」絶賛編集中です。
    I uploaded 「UTSUSHI/Sankai Juku」photos @SHATEAUVALLON  FRANCE World Premier 2008 below.
    utsushi1704.jpg 

    子供の頃から何か夢中になると、それしかやらないくせがあって。
    人生、一度も会社に勤める事なく、すべての時間を自分の好きな事だけに費やしてきたおかげで、次々と新しいスキルを身につける事が出来ました。

    cha06.jpg 
    本を出版した時は南フランスで原稿書いてました。

    基本作曲家なのですが、 インターネットが出てきたときは、プログラミングに夢中になり、シリコンバレーのネットスケープ社まで行ってHTMLを教えてもらって、一時は頼まれて、厚生省のホームページを作成したり(まだ日本にWEBプログラマーがほとんどいない時代)

    デザインに夢中になったときは、ADOBEイラストレーターを覚えて、自分のCDの完全版下入稿できるようになったり。

    映像編集も3/4アナログベータカムの時代からキュルキュルとジョグダイヤルで編集するリニアテープ編集から入り、フェアライト、AVIDときて、今では山海塾作品の映像制作を、IMAGICAのチームにクレーンを含むカメラ6台のパラ回し撮影をお願いして、ファイナルカットで自分で編集しています。

    寝ている時間以外はそのためにすべて費やすので、10000時間の法則というか、どんな事でも1年強あればその道のプロの方々と、なんとか仕事できるように。(自分が好きな夢中になれるものに限りますが)

    今年2017年はさらに新しい事に2っつ挑戦しはじめたので、楽しみです。

    そうこうするうち、山海塾の映像作品「MEGURI」の発売の締め切りが迫っていて、現在は映像編集の日々です。
    映像用のHDを整理していると、未編集の懐かしいデータがあったので写真アップします。

    9年前、2008年の夏、UTSUSHIという野外作品を作ったときの映像。

    chateau1701.jpg 

    cha1702.jpg 
    南フランス、シャトーバロンという町、野外作品「UTSUSHI」の世界初演。

    cha1704.jpg 
    ニースから電車で一時間、トゥーロンという町に近い小高い山の上にある石作りの円形劇場。

    utsushi1702.jpg 
    この石の劇場、古代遺跡とかじゃなくて、地元の人が野外イベントを行いたいので作った物だそうです。

    cha1703.jpg 
    訪れたトゥーロンは地中海に面した町。

    「よく海外に出かけますね」?と聞かれるのですが、パリ市立劇場の新作制作公演の時は実際に劇場で作曲中の曲を流して、本番直前まで曲の微調整をしているのですが、それ以外のツアーの場合、本番の映像撮影を、音響ブースの脇で行っています。
    これが、映像作品を作るときに必須なのです。
    本番撮影の資料映像として。
    また、現在では小型の高性能な4Kムービーカメラがあるので、実は発売しているDVDの、どことは言いませんが、世界中の様々な劇場で撮影したカットを時々使用しています。
    本番ならではの、これ!という良い表情があるんですよね。

    2006年から山海塾作品を映像化するプロジェクトを個人的にスタートさせ、最初は知り合いの映像プロダクション「ROBOT」のディレクターの方々に相談していたのですが、やがてROBOTがIMAGICA と合併し、現在ではIMAGICAの映像チームに撮影をお願いしています。

    cha1707.jpg 
    そうはいっても観光も半分。
    ニースで食べたSalade niçoise(フランスのカフェのメニューに必ずあるニース風サラダ、これが本物!ラベンダーの咲く、シャガール美術館の中庭に面したカフェで食べました)

    このときは途中ニースのシャガール美術館を訪れたりcha1708.jpg
    これはパリ、ガルニエ、オペラ座の天井のフレスコ画の下絵だと思われます。

    cha1709.jpg 
    シャガール美術館は写真撮影OKでした。そう言えばニューヨークのMOMAも写真OKだし。日本の美術館はあまり写真OKのところは知りませんが。なぜ禁止なのだろう?

    cha05.jpg
    劇場から地中海が望めます。

    utsushi1703.jpg
    夏のヴァカンス時期で、南仏にバカンスに来ている人々、地元の方々も含め、多数観客が押しかけました。

    utsushi1704.jpg 

    utsushi1700.jpg 

    utsushi1705.jpg 

    utsushi1706.jpg 
    初演の時、この作品は火を使っていたのですが、さすがに一般劇場での公演では使えません。

    日本だとなかなかすべてが石造りの建築物がないので、屋外でもこの作品をオリジナルの状態で上演
    可能な場所が見つかりません。

    この日は満月。公演がスタートするのと同時に月が地中海から昇って来て、ジャージャーンという、もの凄い蝉の鳴き声の中、音楽がスタート。
    炎の音、火のにおい、実にドラマチックな作品。

    日本でも野外でこの火を背景にした舞台を観たいなあと思います。

    でこのときの映像はゲネプロ入れて4カメで撮影したのですが、まだ未編集。

    素材が完璧ではないので、おそらく将来、DVDで発売することはないと思いますが、ざっくり編集して、どこかで映像鑑賞会とかするとおもしろいかも?
    もしくはダイジェストで、ツアーのドキュメント的なDVDもありかなあ?

    この野外作品を作ったときは確か、アフリカ大陸縦断ツアーを、マネージャーのピエールが考えていて、アフリカのように会場に設備が整わないような地域でも、最低限の設備さえあれば現地で調達できる機材だけで上演可能な作品、と言うことで、制作していたと思います。
    残念ながら、2010年に起こった、「アラブの春」のおかげで、現在では、とてもアフリカツアーをできるような状況ではなくなったので、アフリカ縦断ツアーの計画は現在まだ止まったままですが、いつかツアーできると良いなあ。
    まずは北アフリカ、中東に平和が訪れてほしいと願うばかりです。

    まもなく行われる日本、新国立劇場公演の前に現在山海塾は南アメリカツアー中。
    マネージャーのピエールやダンサー達のFacebook見ると、超、楽しげな南米の写真がアップされてます。ああ、南米行きたかったなあ。
    が編集編集!! MEGURI完成させます!


    関連記事
    2017-11-14 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    歌い継がれるメロディー

    先週末に行われた第43回筑波大学学園祭「雙峰祭」の後夜祭において筑波大学メッセージソング「IMAGINE THE FUTURE~未来を想え」が歌われ、とても盛り上がった様子です。

    こちらが筑波大学「雙峰祭」のリンク。歌の映像あり。

    思えば2010年、大学の先輩であるコピーライターの一倉 宏さんから突然電話をいただき
    この歌を作曲することに。

    l20110107191125002.jpg 

    今では卒業式、入学式はじめ様々なイベント行事で筑波大学内で歌われるようになり、嬉しい限りです。

    筑波大学の「IMAGINE THE FUTURE~未来を想え」ページはこちら

    クリスハートさんに英語の訳詞、英語バージョンの歌を歌っていただいたり、コンサドーレ札幌時代のゴン中山さんに歌っていただいたり。村上ゆきさんにピアノ弾き語りしていただいたり。
    なでしこジャパンの安藤梢・熊谷紗希選手に歌っていただいたり。
    現在は中国の国民的歌手、aminさんに歌っていただいた中国語バージョンも映像含め現在制作進行中。
    (こちらはギター弾き語りバージョンです)

    この活動はボランティアでやっているのですが、広報室のYさんに、
    「吉川さん、この歌は50年も100年も筑波大学ある限り歌い継がれる歌になるんですよ」
    と言われ
    そうかそれは光栄なことだなあと、約80人編成の筑波大学管弦楽団用にスコアーを一生懸命書き上げ、何度もリハーサルに付き合ったのを思い出します。

    今年はアカペラサークルDoo-Wopの皆さんの手で、とても素敵なアカペラアレンジが施されました。

    時代と世紀を超えて歌い継がれる歌になったらいいなと思います。

    僕の孫、ひ孫あたりが筑波大学に入学するような機会があって、歌ってくれたりしたらと想像するだけでも、ワクワクします。


    関連記事
    2017-11-08 : 大学 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    MEGURI編集中

    I'm still continue editing MEGURI SANKAI JUKU.
    Long and Winding Road.......
    meguri_scene2.jpg

    Meguri_Scene3.jpg

    年明けの北九州芸術劇場公演までには完成させようとMEGURI編集中です。
    琵琶湖で7月に撮影したまま、しばらく作業がストップしていたのですが、再開。

    今回4Kで撮影したので編集作業を進めるにつれ、もう少し寄りたいとか画角を変えたいとか、今までは「そうか次回の撮影では、そこに気をつけて作業しよう」と、課題にしていたところが、編集でできてしまうように。

    最終的にはDVDでアメリカ大陸、ヨーロッパ大陸、アジア15カ国のAMAZONで発売。
    AMAZONデジタルビデオで全世界配信を考えているので。
    今のところ4kでフィニッシュする予定はなく、フルHDでの完成予定にしたので、画角が4倍まで拡大できることに。

    フォーカスの具合もあるのでそこまで寄れないにしても180パーセントくらいまで画像を拡大してトリミングすると、クレーンの絵でグッと寄れたり、今までの編集とは別次元の作品作りが可能になりました。

    その代わりカメラ16台で撮影した分の映像がほぼ全部使えるのでセレクトが大変に。


    時間があるときに編集しようと思って撮影したまま未編集の素材も山ほどあるのですが

    蝉丸ワークショップ@富山、ポンテデーラ(イタリア)
    UTSUSHI世界初演@シャトーバロン
    北九州芸術劇場で初めて撮影車を入れて撮影したTOKI
    琵琶湖の金柑少年リクリエーション

    結局時間があるときってのはなくて、無理やり時間作るしかないんだよなあ。
    と思いつつ、日々編集進めてます。

    完成まではまだまだ長い道のり!!

    関連記事
    2017-11-07 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    Blade Runner2049 Vangerisさんのこと

    vangeris2.jpg

    ブレードランナー2049公開なので、前回ギリシャ公演でお会いしたVangerisさんのことを。

    今回のブレードランナーは、残念ながらブレードランナーのオリジナル1982年に担当したVangerisさんが音楽担当ではない。すごく楽しみにしていたのですが。

    前回の公演の時に作曲、レコーディング方法を直接伺って「なんて手の込んだ録音方法をしているのだろう」と驚いたので、あのサウンドが今回のブレードランナー2049で聞けないのはとても残念だ。

    が、Vangerisさんの音楽「炎のランナー CHARIOTS OF FIRE」は2012年ロンドンオリンピックオリンピックの表彰式で延々使われていたし、日本でも2002年FIFAワールドカップの公式アンセムソングになってテレビで流れ続けたのでおなじみ。

    WIKIには現在アテネで創作活動をと書いてあるが間違い。
    今、現在はパリに移りパリを拠点に世界中で活動されている。

    山海塾は1980年代からの付き合いで、天児は80年代にパリの彼のお宅によく食事に招待されたという話を聞いていたので、いつかお会いできると思っていたのだが、前回のアテネ公演で、アテネのご自宅にご招待いただいた。

    巨大な邸宅でした。
    3階建てで、それぞれのフロアーにスタインウェイのフルコン、カワイシゲルモデル、ベーゼンドルファーインペリアルがリビングにあり、100人程度のリサイタルができるようになっている。
    もちろん庭にはプールがあり、一階からはそのまま海につながり、プライベートビーチに彼のクルーザーが停泊している。


    MrVangeris.jpg 
    実にフレンドリーな方で一番上の写真は後日劇場近くのレストランで撮影したのだが、みんなでバンザイしようよ!!とVangerisさんに促され、一緒にバンザイした写真をいっぱい撮影した後、やれやれと落ち着いて撮影してもらった一枚。

    この時に彼の作曲、レコーディングの話を詳し〜く聞かせていただきました。

    現在はこのアテネの邸宅を引き払い、パリ市内に引っ越し、我々の公演のたび、お越しいただいています。最近はドバイで巨大音楽イベントの仕事をされていたりと、お元気な噂を聞きます。
    本当にブレードランナーの音楽を担当されなかったのはとても残念ですが、今週末は必ず観に行きます!!

    athene.jpg 
    前回のギリシャ公演、こちらのアテネの国立劇場での公演だったのだが、なんという美意識。世界中いろいろな劇場を見ているが、こんなに美しい劇場を見たことがない。

    at8.jpg 
    劇場ロビーの山海塾ポスター

    at45.jpg 
    こんな美しい劇場で公演を観れるギリシャ人が羨ましい。


    関連記事
    2017-10-25 : 音楽 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    筑波大学 創造学群表現学類 授業

    souzou1701.jpg
    9月30日、10月1日の両日で今年で7年目になる創造学群表現学類の授業が行われた。

    souzou1710.jpg 
    毎年履修社が増え、今年はなんと11組の作品制作発表となった。
    ソーシャルデザイン、商品開発、コマーシャルソング、サイエンスアート、映像、編集、グラフィック、ラジオCMのテーマで作られた作品。

    最も印象に残ったのは、サイエンスアートのテーマで作られた作品
    souzou1711.jpg 
    ゲノム編集や遺伝子組み換えの仕組みを音ゲーに落とし込んで、ゲームをしながら学ぶことができるゲーム。夏休みを使って学生たちでプログラミングした。
    souzou1712.jpg 

    souzou1714.jpg
    こちらにそのゲームが実際にあるのでプレイしてみてください。

    souzou1716.jpg
    筑波大学で過ごす四年間を毎日の小さなブロックの日めくりカレンダーに落とし込んだ商品「1460」。
    これは、そのまま一般の商品としても売り出して良いくらいの魅力ある商品。
    クラウドファンディングで資金集めて商品化したらどうだろう。

    souzou1707.jpg 
    ブラックホールを博物館のように体感しながら解説する展示。


    souzou1715.jpg 
    筑波大学のポスター。これは実際に受験シーズンに秋葉原駅、つくば駅に掲示されます。
    このポスター今年はビジュアルだけではなく筑波大学のイメージについて実際にSNSでコメントを集めリアルな言葉と写真を組み合わせた作品。
    今までにないメッセージとの組み合わせのポスター作品。

    初年度に作られていた作品に比べて、その質がどんどん上がってきて、今年は驚くような作品群。

    毎年ベイFMで放送される筑波大学のラジオCMは、ACC賞をいただいているし。
    もの凄いポテンシャルの授業になってきた。

    やはり情報処理、理学系、体育専門、芸術、人文系など多種多様な学部の学生が同じ講座で作品を制作すると普段の発想を超えた突き抜けた物が生まれるんだなあと思う。

    多様性の勝利。

    学生の皆様、指導した先生の皆さまお疲れ様でした!!



    あ、次回授業のために。教室のアナログ出しのスピーカーはSN悪いのでHDMI接続でデジタル出力した方が良いです。

    関連記事
    2017-10-03 : 大学 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    加古隆さん、映像の世紀コンサート

    kako.jpg

    オーチャードホールで行われた加古隆さんの映像の世紀コンサートに伺いました。

    映像の世紀のフィルム映像を上映しながら、それにあわせて加古さんのピアノ、東京フィルハーモニー交響楽団の演奏、元NHKアナウンサーの山根基世さんのナレーションという
    番組をライブで再現するという贅沢なコンサートでした。

    それにしても昼夜2回公演。

    加古さんちょっとお痩せになったかな?と思い楽屋を訪ねて「お疲れ様です。お痩せになりました?」
    と声をかけようと思ったら逆に開口一番
    「吉川さん太った?」って声かけられてしまいました('-'*)
    はいちょっと。

    ちょうど僕より10歳年上なので加古さんは今年70歳。
    昼夜公演をこなすなんて、凄いパワーです!!

    また次の山海塾新作制作でお世話になります!!!

    関連記事
    2017-09-04 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    仕事道具 Part2

    で、山ほどあったハードを整理したので、実際に今仕事で使っている道具はというと。

    現在制作中の曲だと。

    cubase2.jpg 
    キューベースという作曲用のソフトを使っていて、いわゆるこれがテープレコーダー代わり。
    歌などの音を録音するところと、ピアノなどの楽器を弾いてMIDIというデータで録音する場所が一緒くたになってこの画面に表示されています。
    大体100トラックくらい。

    で次から次へとキーボードを弾いてデータを録音してみたり、生のギターを弾いてマイクで録音してみたり。

    cubase.jpg 
    でこれが、昔スタジオによくあったミキシングコンソールの代わりになる画面。
    というパソコン上の仕事場に移行してしまっています。

    そして山ほどあった楽器や機材はどんどん
    バーチャルなものに
    pro52.jpg 
    毎月10万18回ローンで買ったProohet5はこんな薄っぺらな姿に。

    martin2.jpg 
    マーチンギターもこんなお姿に

    bass.jpg 
    フェンダージャズベース

    drums.jpg 
    ドラムセット。

    これはそれぞれのパーツの音色を自由に変えられ、かつ世界中のとても上手い人たちが演奏したデータが山ほど売られているので、ドラマーをお願いしてスタジオで録音することがほとんどなくなってしまいました。

    cinest.jpg 
    そしてストリングスのチームでの録音も
    最近よく使うのはCINESAMPLE社のCINESTRINGSで。

    これはハリウッドのSONYピクチャーのスコアリングステージで、そこでよく演奏するメンバーでサンプリングしているので、本当にハリウッド映画のような音がします。
    ストリングスのワンパートが500ドル。セットで3100ドル

    ただちょっとバグっぽいので使うのにちょっとコツが必要で、日本語のWEBではおそらく未発売ですがここで売っています。バグのあるソフトに数十万払うのはちょっと勇気が必要で、
    結局使えないこともありますので自己責任でお願いします。
    (最終的にバグがチャンと取れず、倒産してしまうメーカーもいままでにありましたので)
    SpitfireAudioのソフトも全部買いましたが、最初のころバグだらけの時は日本の販売店が苦情が来るのだと思いますが扱っていなかったです。これは日本でも売るようになるかな?
    がとてもいい音です。

    cw.jpg 

    でもってストリングスなどの響きを変えたかったら、オーシャンウェイスタジオのシュミレーションのソフトも。
    これは有名なアメリカの巨大なオーシャンウェイスタジオで演奏した時の響きを全く同じようにシュミレートしてくれるソフト。ストリングスのドライな音を再生させてスタジオの響きを
    6本立てるオフマイクの距離を調整して響きを変えます。

    studer.jpg 
    そしてよくスタジオにあったスチューダーというプロ用のアナログテープレコーダーを通した時と同じ音にしてくれるソフト。

    syn.jpg 
    あと、昔一日レンタル代10万円でリースしていたシンクラビアという1億円くらいした楽器もこんな姿に。

    moog.jpg 
    昔キースエマーソンが刀で切りつけた、タンスと呼ばれたムーグシンセサイザーもこの通り。
    これ面白いのが、パッチ用のケーブルもそのままマウスでつかんでピット引き抜き新しいジャックに差し込んで、エディットできます。その時接続ケーブルがユラユラと揺れるのも再現。
    プリセットをやたらめったら選ぶより、原理を知れば、ずっと早く目的の音をつくれます。
    それも自分だけのオロジナルの。
    シンセの音作りの原理を知るには、これが一番の原点。

    guitar.jpg 
    細かいとこだとギターエフェクターも
    lexion.jpg 
    必ずスタジオにあったリバーブも

    tapeecho.jpg
    昔懐かしいテープエコーも
    sonic.jpg 
    変わったところでは英国のソフトメーカーで地球上の様々なところで風や水や氷の立てる自然音を録音したものや、同じメーカーで、いろんなドラムマシンをアンプ通したり、ミキサー通して録音したサンプルも

    何もかもこんな薄っぺらなものに置き換わってしまいました。
    今楽器の数数えたら約200以上。エフェクターも200以上ありました。
    楽器は安くて2万くらいから平均15万高くて80万くらいするので、この10年余りでまあよく買ったものです。

    ただ日本人て、本当に形あるものを作るのは得意だけど、ソフトは苦手というか、ローランドやKORGヤマハのように優秀なハードを作る楽器メーカーはいっぱいあるのですが
    バーチャルなソフトをリリースするメーカーは一社もアリマセン。
    (初音ミクだけは例外ですが、、、、)


    だけどもっとすごい変化が仕事の仕方。

    40代の頃までは自分のスタジオスペースを会社で持って、そこに機材を置いて巨大なアナログミキサーを置いてのような、装置を持つことを喜びにしていたのですが。

    今は、ネットで繋がってダビングレコーディングを世界各地でお願いするように。

    いつもお世話になっているストリングスの人も、譜面を送れば自宅のスタジオでバイオリン、ヴィオラ、チェロの編成で録音してくれるし、

    アメリカナッシュビルのスタジオもスカイプでディレクションしながら、アメリカンなドラムレコーディングを結構安い値段でやってくれるし。

    歌も、最近よくお願いしている人は実はネット上で知り合って、まだ一度もお会いしたことのないまま何曲も歌っていただいているし。

    もはや装置に全く縛られなくなって、本当に小さな片手で持てるくらいの装置さえあれば、作曲からレコーディング、完成までできてしまうようになったのです。
    まあ形がなく、僕のライセンス、パスコードがソフトリリースメーカーの方にあって、そこにアクセスする仕組みなのでハードと違って盗難や破損などの心配はないのですが、あまり所有している感じはしません。
    4テラバイトのポータブルハードディスク一個に全てが入ってますからねえ。親指と人差し指でつまめる重さ。

    がおそらくこの方向でもっともっと進化するんだろうなあ、

    関連記事
    2017-08-25 : 音楽 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    仕事道具

    昨年まで一軒家に住んでいたので、スペースがあり、山のように機材があった。

    が、息子も留学し、人数が減ったのでマンションに引っ越して機材を思い切って整理した。

    何と言っても玄関入った廊下に撮影用のクレーンがある家だったので、(家に帰ったら目の前にクレーンのある家はそうないでしょ!)さすがにこれを使うことはめったいないし、ホール撮影の時はイマジカさんから借りてくるし。

    と思いつつ、山ほどあった、10年に一度使うかどうかもわからない、使用頻度が低く、かつレンタルもできる機材を思い切って整理した。
    断捨離ですね。今年還暦ですし。

    で残ったのがこのラック。

    rack.jpg 

    上からUADのapollo TWIN MK2,UREIの1178,TUBE TECH CL1B,
    UADのApollo8p, GRACE DESIGNm904b, AVID HD/IO,
    GRACE DESIGN m801

    だけど実際はUADのApolloをほとんど使っていて、他の機材はめったに使わない。

    martin.jpg 
    Martin 000-18  1950年ころのビンテージ


    lowden.jpg
    LOWDENギター  1990年ごろ新品で買った。
    確か渋谷の石橋楽器で試しに弾いたら、あまりにいい音したので、そのまま買って帰った。
    弦はりたてだと、響きすぎるので録音する時は一日前に張り換えたほうが落ち着いた音色になる。

    p5.jpg 
    プロになった時、思い切って毎月10万のローン18回払いで買ったシンセProphet5。
    当時1980年ごろは日本でこれを持っているミュージシャンはまだ少なくて、レコーディングスタジオに
    持って行ってシンセの音色を作るだけでお金をくれる仕事があったので、すぐに元が取れた。
    今では考えられませんが。
    Prophetの上に乗っているのはTB303

    mic1.jpg 
    AKG 414 DPA 4006TL ステレオペアー
    BLUE

    neuman.jpg
    NEUMAN U87 ai  NEUMAN KM184ステレオペアー

    この辺りのマイクはホールに持って行ってオーケストラの録音の時に使用するもので、
    結局レンタルを何日かするのと、買うのと比較しつつ予算で考えたら結局買ってしまった方が安かったので買ったもの。

    とかなり厳選された。

    もう使わないと思ったAMEKのマイクアンプやAPOGEEのオーディオコンバーター、TCのエフェクター、テープエコー、古いBOSSのコーラスとかフォーカスライトリキッドチャンネルとか、ヤマハ10Mとか、GENELEC1032Aとか、とか、とか、とか、、、、
    山ほどあった機材はヤフオクで処分してしまいました。


    けど写真撮ってないけどギターがテレキャスター、ムスタング、ヴァレイアーツ、オベイション、パリで買ったスパニッシュギターの5本
    実家には大学の合格祝いに買ってもらった、日本で最初のローランドのシンセ、日本で最初のKORGのボコーダー(合格祝いがシンセって😊)
    子供のころ弾いてたヤマハのギター2本とか、とか、とか、とか、、、まだまだ山ほどある。
    このシンセでリックウェイクマン、キースエマーソンのコピーしてました!!

    確かキースエマーソンはムーグシンセに刀で切りつけたり、ぐるぐる宙を回ったり。俺もそんなアナーキーな人生を送ってやると!
    16歳のころ心ときめかせた記憶が!!

    毎朝爆音で自宅のステレオで近所中に響きわたるように、キングクリムゾンの「21世紀の狂人」を聞いてから、自転車に乗って田舎道を高校まで通ってました。
    いやあ結構今思えば、アバンギャルドな時代だったか。

    絶対田舎から出てって、東京で音楽やってやるって思いながら、田んぼ道を8キロ自転車こいでたなあ。

    その後すぐにパンクムーブメントが起こり、高校時代の先輩が吉祥寺でマイナーっていうパンク前衛ロックのライブハウスを経営してて、そこに僕も出入りして、演奏したり、そのライブハウスでデモテープを置いてもらって配ったのが、東京でTVCM音楽の仕事をするようになったきっかけだったか??
    ま、18歳のころから音楽の仕事してたな。


    話を戻して、
    中学時代から宅録が趣味で、それがそのまま職業になり、50年近く続けるとこんな有様。
    お宝探偵団で、骨董品で部屋いっぱいになっている人をみて、笑っているけどまあ近いものですねえ。
    かなり整理したんですが、、、


    本当は小さなUAD Apollo TWIN一つだけで、もう仕事できるような気がして、実際ほとんどそれしか使っていないのだけど。

    ちなみにマスターキーボードは、未だにエレクトーンの高級鍵盤を流用して作ったシンセ、DX7です。
    ブライアンイーノもこれを使っていたはず。このタッチに慣れてしまうと他のが使えなくて。
    というかずっと年十年も日々使っていて、未だに一度も壊れないのが、ヤマハすごい!!

    prophet5も時々調整出すけど、40年近く、一度も回路の故障がないなあ。


    関連記事
    2017-08-22 : 音楽 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    香川大学教育学部付属坂出中学校同窓会

    夕べは45年ぶりの中学の同窓会でした。

    今は帰りの新幹線の中です。
    08122.jpg 

    僕の地元、香川県坂出市の
    香川大学教育学部付属坂出中学校の3クラス合同150名。

    出席率は約30パーセント50名の同窓生が集まりました。

    45年という日数は半世紀に近い日々で、卒業してからも時々仕事でお会いしていた、
    数名の方以外、ほぼ45年ぶりに見る顔顔顔。


    しかし、人間の記憶というのは不思議な物で、名前を聞き少し話し始めると、
    徐々に子供時代の顔と共通認識できる顔をパーツを思い出し、やがて一致する物ですね。

    とても不思議な感覚。

    記憶というのはいったい自分の脳のどこにしまわれているのか?

    0812.jpg

    最も不思議な体験は中学の校歌。


    さあいっしょに合唱と言うことになり、それまで歌詞カードを見ても全く思い出せなかったのに
    イントロを聞き、歌い始めたとたん、すらすらとメロディーが出てきました。
    人間の記憶って不思議!!!



    じつにいい、楽しい同窓会でした。幹事のみなさんご苦労様でした。
    懐かしい日々を思い出しました。

    それから残念ながら住所などの連絡先の辿れなかった方が何名かいらっしゃいました。
    結構この僕のブログって同級生から見られてるらしいので

    ご覧になったいるかたで、今回同窓会の連絡の届かなかった方
    僕宛にメールもしくはツイッターなどでご連絡ください。
    info@  io-factory.com   
    (info@のあとのスペースはありませんので、詰めてください)
    twitter.com/yoichiro_y


    また何年後かにみんなで元気に集まれると良いですね。
    楽しかったです。ありがとう。

    みなさんお元気でお過ごしください。



    関連記事
    2017-08-13 : 日々のこと : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    SANKAI JUKU MEGURI Film

    I start MEGURI Film editing.
    It will available around Nov 2017,I hope.
    Please wait for a while!

    And We announce NEW National Theater TOKYO Japan make schedules our show MEGURI on Nov 2017.
    It will be the first time appear BUTOH on JAPAN National theater.
    Don't miss it.

    めぐりの編集始めました。
    meguriedit1.jpg 

    meguriedit2.jpg

    毎回、ソフトなどバージョンアップしつつも、撮影する画像サイズが今回は4Kと、どんどん巨大化していくので編集も大変に。11月には完成発売予定です。
    少々お待ちを!

    meguri_omo.jpg

    meguri_ura.jpg

    そしていよいよ、MEGURI、山海塾作品、初めての新国立劇場での上演となります。
    9月10日チケット発売開始予定。
    もしかすると新国立劇場初めての舞踏公演になるのでしょうか?
    定かではありませんが?もしそうだとすると、歴史的な公演になりますね。

    2日公演なので、(いつも世田谷パブリックシアターでは一週間公演なので)チケットはあっという間に売り切れるような予感が。
    日本、東京での公演は2年ぶりなのでお早めにお買い求めください!

    関連記事
    2017-08-10 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    台湾国立劇場公演 山海塾、めぐり

    st1710.jpg

    そして先週は山海塾台北公演。

    前回9年前は「かげみ」そして今回は「めぐり」
    台北のど真ん中。国立劇場での公演。

    st1711.jpg 
    劇場の前広場に昼間噴水が上がっていた。上に巨大な山海塾ポスター

    st1712.jpg 

    st1714.jpg 
    舞台から客席を見上げるとこんな感じ。

    4階席までお客さんが入っていた。
    st1730.jpg 

    一日目の公演は無事行えたが、残念ながら2日目に台北に台風が直撃のため公演中止となってしまった。
    昔ナポリで大地震が起き、公演中止になった覚えがある。
    あと、アフリカ大陸縦断ツアーをマネージャーのピエールが計画し、かなりなところまで詰めていたが、アラブの春の政変が起き、すべてキャンセルになった事もある。

    40年近く世界を回っていると、そりゃいろんな事が起きる。

    ま、そういうときは逆らわず、素直にグルメツアーに切り替えるに限りますね。
    st1706.jpg 
    世界の10大レストランに選ばれた台湾料理店。ディンタイフォン鼎泰豐本店に行ってみた。
    昼前にもかかわらず70分待ち。もの凄い人!!!!

    待ちました。近所のお店回り、お茶屋さんなどで時間をつぶし。

    st1707.jpg 
    もちろん小籠包!!絶品。

    st1708.jpg
    排骨チャーハン。排骨の味付けが絶妙な。st1721.jpg

    st1731.jpg
    でもって、楽屋で話題になっていたマンゴーかき氷。
    地下鉄の駅に張り出していた看板を見つけ
    マンゴーちゃんと完熟、とろとろのが下まで、ぎっしり。

    というグルメ旅になってしまいましたが無事帰国。
    st1719.jpg
    ソウルも英語が若い人は話せるので、全く不自由なかったし。台湾はさらに日本語だらけ。
    漢字だらけで、劇場からの帰りも、「松山」行きのMTRで「松江駅」で降りれば良いし、と行き先も漢字で把握できるし
    全く日本にいるのと違和感なく過ごせるので、楽しい旅でした。

    それから最近、Facebook、ブログを通してフレンドになっている方々から劇場で突然声をかけられることが多く。うれしいです。お気軽にお声かけください。

    そしてさらに
    楽屋では、我々を招聘してくれる団体の何十周年記念で近々ぜひ呼びたい、そのときは、「かげみ」も観たいので、2公演やってほしい。という声も聞かれました。(アンオフィシャル情報です)

    次回は是非また近いうちに台北の皆様お会いしましょう!!



    そして、先月琵琶湖ホールで撮影しためぐりの編集をやってます!!!

    東京の山海塾、新国立劇場公演11月までには完成させたい!




    関連記事
    2017-08-07 : 山海塾 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    ソウルと台北

    先月7月は2度出国して、ソウル、台北を訪れた。
    st1701.jpg 
    今年に入って都合5回、ほぼ月一で海外に行っている。

    st1702.jpg 
    ソウルの仁川空港は近代的な建築だった。

    韓国はおそらく3度目?だが、ソウルは初めて。

    息子がニューヨーク、イサカ大学に留学中で、その担当教官の授業が韓国の漢陽大学校のサマースクールとして行われると言うことで、ソウルに7月中一ヶ月行っていたので、良い機会なので行ってみた。

    聞くと、参加者は世界中、主にヨーロッパからの参加者が多く、日本人は息子ただ一人。
    エミー賞を受賞している有名な教授でドキュメンタリー映像が専門。留学生たちはチームに分かれてドキュメンタリー作品を作るのが課題らしい。
    授業はもちろん英語で行われるし、分厚い数センチある英語の資料を、ひたすら読んでレポートを息子は書いていた。
    日本の大学のサマースクールも全世界から受講者が来れるように英語の授業が基本なのだろうか?

    st1703.jpg 

    st1705.jpg 

    st1704.jpg

    いっしょに夕飯を食べに大学の寮のあるHongik University駅の近くまで行ったのだが、数十メートルある歩行者天国になっている通りの真ん中が解放されていて、数メートルおきにバンドや、アイドルグループ、数十組が路上でパフォーマンスを繰り広げていて、もの凄い人だかりで賑わっていた。

    日本は基本こういうスペースは公共にはない。法律で禁止されている。

    K-POPは国策で行われていると聞くが、最も底辺から自由に活動できる場所がちゃんと用意されていてJ-POPとの違いは歴然としていた。

    アニメ産業は韓国、中国ともに国が力を入れていると聞くが、日本は以前あったアニメ博物館の企画は頓挫してしまったし、近い将来、こういうソフトパワーでも中韓に抜かれてしまう時が来るかもしれないと思った。

    関連記事
    2017-08-07 : 音楽 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    筑波大学 創造学群表現学類授業

    今年も筑波大学芸術専門学群、全学群対象の授業
    創造学群表現学類の授業が始まった。
    『IMAGINE THE FUTURE. 未来構想大学講座』の科目として開設されている。

    この授業で製作したラジオCMは、日本最大級の広告賞「2016 56th ACC CM Festival」で賞を受賞したり、3年連続で入賞していたりと、結果を出している授業だ。

    コピーライターとしてサントリーモルツ「うまいんだな、これがっ」パナソニック「きれいなおねえさんは、好きですか」「あなたとコンビニファミリーマート」JR東日本「行くぜ東北」などで有名な一倉宏さんからはじまり、

    「結果にコミットする」のライザップのコピーの中村直史さんなど、

    現役電通社員、アートディレクター。漫画家、作曲家、ゲームデザイナー、ダンサーコリオグラファー他が直接指導するワークショップ。


    僕は今年はコマーシャルソング製作指導を担当。


    souzou1701.jpg 

    souzou1702.jpg
    電通のアートディレクター岩下さん。


    souzou1703.jpg
    漫画家の青木さん。

    souzou1704.jpg
    コピーライターの一倉さんとゲームプログラマーの森川さん。

    初回は2011年の学園祭のイベント的に10名ほどでスタートしたワークショップだったが、回を重ねるごとに規模が大きくなり履修者が増え、今では教室に入りきらないほど、60名を越えた。
    参加者も、芸術学群以外の学部からの方が多くなっている。

    souzou1705.jpg
    森川さんは「くまうた」という歌を自動生成するPSソフトを開発したことでも有名。
    初音ミクの7年も前にコンピュータを歌わせていた。
    がちょっと時代が早すぎて、初音ミクのような大ヒットまでには至らなかったけど、、、

    AI開発の現場にいる、森川さんのAI話はとても面白かった。

    今のAI開発の大きな壁。
    コンピューターなので、どんな数の詩でもコピーでも作曲でも
    膨大な数、ありとあらゆるパターンのものを作り出すことが可能になってきた。
    が結局その生み出される数万、数十億のものから、どれがセンス良くてヒットしそうで、いい感じなのかを選ぶのはコンピューターにはできない。

    AI碁も、あらゆる手を考え生み出してくれるけれど、人間がそれを勝負としてみていて、碁の手として面白いかどうか?エンタメとして見られるかどうか。
    ということになると、コンピュータの作り出すものは、結局エンタメとして見られない。

    というお話。

    が、将来こっちの方がセンスいいよ、こっちがヒットするよってアドバイスしてくれるAiが生まれるのだろうか??
    ううんそれって、未来を予測するのに近い行為だから100%の未来予測はないだろうなあ。

    ということで今年はCMソングを、授業で作ります。
    BAY FMでオンエアーの可能性もあるので
    PPAPを超えるような大ヒット曲目指して頑張りましょう!!
    関連記事
    2017-07-15 : 大学 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop

    MEGURI Sankai Juku at Biwako Hall Japan

    We Filmed MEGURI SANKAI JUKU at  Biwako Hall SHIGA Japan on 1st 2nd July.

    biwako17_1.jpg 

    biwako17_2.jpg 

    biwako17_03.jpg 

    biwako17_04.jpg 

    biwako17_05.jpg 

    biwako17_08.jpg 

    biwako17_07.jpg 
    関連記事
    2017-07-09 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
    Pagetop
    ホーム  次のページ »

    ブロとも一覧

    カレンダー

    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR
    ヤプーズ計画 LIVE&CLIP+2 [DVD]ヤプーズ計画 LIVE&CLIP+2 [DVD]
    (2002/12/04)
    ヤプーズ

    商品詳細を見る
    ヤプーズ計画(紙ジャケット仕様)ヤプーズ計画(紙ジャケット仕様)
    (2012/10/24)
    ヤプーズ

    商品詳細を見る
    蛹化(むし)の女~蜷川実花セレクション蛹化(むし)の女~蜷川実花セレクション
    (2012/07/25)
    戸川純、ヤプーズ他

    商品詳細を見る
    極東慰安唱歌(紙ジャケット仕様)極東慰安唱歌(紙ジャケット仕様)
    (2011/05/11)
    戸川純ユニット

    商品詳細を見る
    TOUR-LIVE ’85~’86 [DVD]TOUR-LIVE ’85~’86 [DVD]
    (2006/02/22)
    戸川純とヤプーズ

    商品詳細を見る